フォト
無料ブログはココログ

« 慢性的な 凝り や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »

首凝りやストレートネックによる、肩・腕への、しびれや痛み( 神経根圧迫 )

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、神経根圧迫・ストレートネック・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




2

何気なく見上げた時や、深呼吸をしようとした時に、首すじから肩にかけて、急に、ジーンとしたしびれや、痛みが起きる事があります。
これは、首の後ろの神経の出口(神経根)が狭くなり、首を反らした時に、神経が圧迫されて、神経症状が起きた為です。
症状が強まると、頭を傾けただけでも、肩から腕の方に、しびれや痛みを感じるようになります。


この症状が起き易くなるのが、首に“過緊張”や“首凝り”が、酷くなった時です。
例えば、首が、自然な動きができなくなって、「顔を後に振り向けない」とか、「頭を片側に傾けられない」などの時に、思わず、首を動かした時に、よく起きます。
また、首の筋肉は、精神的な緊張に強く影響されるので、イライラしたり、ストレスが強まったりした時にも、首の筋肉に硬直が起き、この症状が起きます。


これに加え、最近は、PCやスマホが普及した結果、“覗き込む姿勢”が多くなった事も、大きく影響しています。
猫背と同じように、首の「異常姿勢」が続くので、首の負荷が強まる為です。
“覗き込む姿勢”は、首の湾曲が失われ、首が真っすぐに前方に突き出た状態になるので、「ストレートネック」と、診断される事が多くなっています。


この症状の背景として、首の“構造的な問題”があります。
首の骨から出ている神経は、出入口が、背骨や腰の骨から出ている神経の出入り口と比べて、間口が狭く、すき間がほとんど無い為です。
この結果、首の筋肉の緊張が強まったり、精神的なストレスが長引いたりすると、神経の出入口(神経根)を、締め付ける事になり、神経症状を起こします。


肩・腕への、しびれを解消させる為には、首周囲の筋肉の緊張を解消させて、本来の、間口に回復させる事が必要です。
整形外科を受診した場合には、特別な病気や怪我ではないので、保存治療(首の状態の安定)が、中心になります。
治療として、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミン剤などを処方し、症状が出ないように、患者に、首を後方へ反らせないように注意し、設備がある所では、首の牽引や電気刺激などが行われます。


しかし、保存治療の場合、薬や生活指導が中心になるので、治療効果が現れる迄に、かなり日数を必要とします。
また、症状が強い場合や、慢性化している場合は、首だけでなく、肩や背中の緊張が強くなっているので、肩や背中の筋肉の柔軟性の回復も必要になります。


首凝りやストレートネックは、“病名”ではなく、“筋肉の状態の問題”なので、首のクッション性を回復させる事が大切です。

首の神経症状を、早期に、効果的に軽減させるには、やはり、痛みの原因となっている筋肉の箇所を突き止めて、柔軟性を取り戻す事です。
また、普段の姿勢が影響しているので、首だけでなく、肩や背中の筋肉の柔軟性を回復させ、関節の可動性を正常に戻す事も必要です。


このような、筋肉の凝りの解消には、東洋医療を基にした、マッサージ治療が適しています。
もともと、東洋医学は、いろいろなタイプの慢性的な凝りや痛みに、身体の状態を把握しながら、安全に、改善を図ってきました。
首の神経症状の解消も、硬縮した筋肉が原因になっているので、首の動きに関連する筋肉の緊張を解消させる事で、首の自然なカーブを戻し、関節の動きも回復します。
更に、肩や背中の筋肉の柔軟性を回復させる事で、首のコワバリを、背部から解消させます。


神経への圧迫を除圧するには、神経の出口の緊張をピンポイントに緩和させる事が必要です。
当院は、肩・腕への、しびれや痛みの解消の為に、東洋医療を基に、首周辺の機能を回復させ、鎮痛を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                           ( 関連疾患 )

« 慢性的な 凝り や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »