フォト
無料ブログはココログ

« 慢性的な 凝り や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »

首凝りやストレートネックによる、肩・腕への、しびれや痛み( 神経根圧迫 )

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、神経根圧迫・ストレートネック・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~



3



【 首から、肩・腕への、しびれや痛み 】

何気なく見上げた時や、深呼吸をしようとした時に、首すじから肩にかけて、急に、ジーンとしたしびれや、痛みが起きる事があります。
これは、首の骨から出ている神経の出入口(神経根)が、“過緊張”や“凝り”などで酷くなると、首を反らした時に、神経を圧迫して、神経症状を引き起こす為です
首の神経の出入り口の間口は、背骨や腰に比べて、狭くて、すき間がほとんど無い事が、背景にあります。


この症状で、よく引き合いに出されるのが、『強い肩こり女性と、美容院のシャンプー時の仰向け』の、例え話です。
「シャンプーをする時に、座ったまま、椅子を後ろに倒されるので、長くなると、肩凝りが強まって、神経を刺激して、しびれや痛みが起きる」、という教訓です。
同じように、西洋では、『イタリアのフィレンツェの壁画や天井画を見た観光客に、至福感と共にめまい,失神が起きる』という、話があります。


最近のPCやスマホの普及は、この首の“過緊張”や“凝り”に、大きく影響しています。
“覗き込む姿勢”が多くなると、「アゴを突き出す」 → 「首が後ろに反る」 → 「首の後ろの筋肉を強く緊張させる」、となる為です。
この結果、長時間続けていると、首や肩の血流が悪くなって、疲労物質などが蓄積から、首の筋肉が“過緊張”となり、“凝り”を引き起こします。


また、このような姿勢が毎日続くと、首の自然な湾曲が失われ、首が前方に、真っすぐに突き出た『ストレートネック』の状態になります
この『ストレートネック』の状態になると、パソコン作業だけでなく、一般的なデスクワークや、テレビを見ている時も、同じように負荷が増すので、悪循環に陥ります。
こうなると、頭をチョット傾けただけでも、肩から腕や、背中の肩甲骨の方に、しびれや痛みを感じることが多くなります。



【 首の凝りや緊張と、背中の筋肉 】

しびれや痛みを解消させには、首の筋肉の緊張を解消させて、神経の出口を、本来の間口に、回復させる事が必要です。
整形外科を受診すると、原因となっている、首の過緊張や凝りは、特別な病気や怪我ではないので、保存治療(首の状態の安定)が、中心になります。
症状が出ないように、患者に、首を後方へ反らせないように説明し、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミン剤などを処方し、設備がある所では、首の牽引や電気刺激などが行われます。


しかし、治療を受けていても、毎日の作業を行う為に、どうしても、首に負荷がかかり続けたり、『ストレートネック』になっているので、首にかかる負荷が増したりします。
しかも、首の筋肉は、精神的な緊張に強く影響されるので、イライラしたり、ストレスが強まったりすると、首の筋肉に硬直が起き易くなります。
また、疲労で、背中が疲れてくると、背中の筋肉がしっかりと働かなくなり、この事で、首の“過緊張”や“凝り”を強めます。


このように、首に、しびれや痛みが出るのは、結果であって、引き起こしている原因は、首の筋肉だけでありません。
特に『ストレートネック』の場合は、その傾向が強まります。
首を動かすたびに、過度な負荷が生じるので、ますます、首の正常な湾曲が、保たれなくなります。


この結果、治療に、かなり日数を要するだけでなく、治療をずっと続けていても、なかなか効果が現れなくなります。
この為、首の筋肉を、正常な状態に戻す為には、背中や胸の筋肉の硬直も、一緒に取り除く事が必要です。
首への圧力が自然に分散されるように、首を支えている、背中や胸の筋肉の、緊張解消も必要です



【 首と、首の動きに関連する筋肉の、緊張解消 】

首の“過緊張”や“凝り”を解消させるには、首の後ろの筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉の、3種類の緊張を解消させる事も必要です。
しかし、「肩こりで、背中まで張っている」とか、「肩から背中もバリバリに凝っていて、呼吸も苦しい」などになると、ストレッチをしても、なかなか効果が出ません。
しかも、もともと、首や肩、背中は、ストレッチがやりにくい部分です。


このような、筋肉の凝りの解消には、東洋医療を基にした、マッサージ治療が適しています。
もともと、東洋医学は、いろいろなタイプの慢性的な凝りや痛みに、身体の状態を把握しながら、安全に、改善を図ってきました。
首の筋肉の硬直解消にも、マッサージ治療で柔軟性を回復させてから、首を動かしていた方が、しびれや痛みが、回復し易くなります。


また、首には、重要な神経が通っていて、その神経に影響を与えるツボがあります。
痛みを感じる箇所を突き止めて、ここのツボを刺激する事で、血行が良くなり、凝りをほぐす効果があります。
これによって、神経の出口の緊張を緩和させるので、神経への圧迫の除圧となり、首からの、しびれや痛みを解消させます。


首の“過緊張”や“凝り”があると、神経症状の原因になります。
当院は、東洋医療を基にして、首周辺の機能を回復させ、鎮痛治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                          ( 関連疾患 )

« 慢性的な 凝り や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »