フォト
無料ブログはココログ

« 首こりと、頭痛、顔の疲れ、疲労感 | トップページ | 背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 »

脳(頭)の酸素不足による、思考力低下や疲労感

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、脳・物忘れ・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~



4


【 頭がボーッと 】

パソコンやスマホを使って、長い時間、仕事をしているうちに、「頭がボーッとしてきた」、という経験があると思います。
これは、画面を見続ける作業をしているうちに、呼吸が浅くなってしまい、脳が必要とする酸素が不足してきた為です。
このような時、思わずアクビが出たり、あるいは、頭をスッキリさせたくなって、ストレッチをしたり、身体を動かしたくなったりします。


このような「頭がボーッとしてきた」状態が、一時的ならば、問題ありませんが、もし、この状態が、しばしば起きるようならば、仕事に差し支えるだけでなく、健康面でも心配になります。
次第に、じわじわと、脳や身体、精神面にも、不調が現れてくる可能性があるからです。
例えば、次のような症状です。


☑ 集中力が続かない
☑ 記憶力が低下
☑ 慢性的な頭痛
☑ 目が疲れ易い
☑ なかなか疲労が消えない
☑ 持久力が落ちる
☑ 手足が冷え易い
☑ 肥満気味
☑ 動悸や息切れがする


【 脳(頭)の酸素不足の原因 】

このように、身体を動かさずに、ジッとしていても、「頭がボーッとする」状態が起きる原因として、脳が、活動する為には、大量のエネルギーを必要とする事があります。
他の臓器に比べて、約7倍の酸素を消費するので、一日に消費する全酸素量の約2割を、脳が消費しています。
この結果、脳の働きだけで、脳に酸素不足が起きてしまいます。


しかも、一つの事を考え続けていると、脳の“同じ箇所の神経がずっと働き続ける”ので、余計に酸素の消耗が多くなります。
また、脳は、筋肉のように、酸素を備蓄する事ができません。
この結果、脳が活動する為の酸素が足らなくなると、集中力や持続力が落ちて、注意力や思考力が低下し始め、雑念が多くなって、考えがまとまらなくなります。


また、脳が酸欠状態になるのは、脳が大量のエネルギーを必要とする、だけではありません。
例えば、緊張し易い人は、身体の緊張から、呼吸する筋肉が縮こまってしまうので、呼吸が浅くなります。
普段の生活でも、無意識に緊張してしまうので、呼吸が浅くなり、「ダルイ」とか、「疲労回復しない」など、身体の不調が起き易くなります。


他にも、脳の酸素不足が起き易くなる原因として、運動不足や、強いストレス、冷え性、心身の疲労などがあります。
また、精神的な悩みや、過度な情報操作、職場や家庭でのストレス、睡眠不足なども、自律神経に影響し、呼吸を弱めます。
通勤や買い物、散歩の最中に、息苦しさや息切れを覚えるようになり、「呼吸が浅い!」、「苦しい!」と、感じる事が多くなります。


【 上半身の筋肉の柔軟性と、呼吸 】

ところが、今の時代は、頭を休ませる為に、ボーッとする事が、難しい状態です。
どんなに体力に自信があっても、“うまく頭を働かし”『パソコン業務や交渉事をしないと、仕事にならない』時代です。
この結果、仕事で疲れを感じて、休憩を取っても、頭の中は、やはり仕事の問題に向けられたままだったり、周囲のいろいろな事に、細かな注意を払う事が必要だったりします。


この為、「頭が疲れた!」と思ったら、脳に酸素がしっかりと届くように、身体の血行を改善し、促進させると、脳の疲労解消に、かなり効果があります
これは、身体の筋肉が硬くなると、呼吸をするだけでも、必要以上のエネルギーを消費してしまう為です。
筋肉の柔軟性を回復させて、胸郭が広がりやすい状態をつくると、効率的で、楽な呼吸運動ができるようになります。


急ぐ場合には、上半身の筋肉の柔軟性を回復させるだけでも、即効性があります。
背中や胸の筋肉の硬さを解消して、息を吸い込む量が増え、圧迫されて縮小していた血管を、拡げる効果がある為です。
また、自律神経が、背骨の周りに通っているので、背骨やその周りの筋肉を緩めると、自律神経の働きが活発になります。


例えば、首も肩もバリバリに凝った状態になり、背中がガチガチに固まってしまうと、肺が呼吸しづらくなり、息が詰まったようになります。
また、人間の身体は、動かさなくなればなるほど、少しずつ衰えてくるので、中高年頃から、胸や背中の動きが低下して、息苦しさや息切れに、気づくようになります。
しかし、硬くなった背中をほぐし、背骨が緩んでくると、リラックスした呼吸ができるようになり、脳の酸素不足が解消するので、頭がスッキリした感じになります


できれば、人の血液量のうち約70%は、重力の影響で、自然と下半身に集まるので、下半身の血行も促進させると、より効果的です。
身体がほぐれて、筋肉がリラックスするので、脳内の細胞にも、血液がしっかりと届くようになり、脳力アップにつながります。
しかも、脳に血液を供給している動脈が、目にも続いているので、目の筋肉の伸縮性を回復させ、ピントの調整も改善してきます。


脳の疲労を解消させるには、身体の血行を改善し、脳の酸素不足を回復させる方法が、効果的です。
当院は、身体のストレスや過緊張を解き、循環機能を整え、心身の調整や健康維持を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。 ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。



( 
市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« 首こりと、頭痛、顔の疲れ、疲労感 | トップページ | 背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 »