フォト
無料ブログはココログ

« 背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 | トップページ | キーボードやマウス操作などの、腕の疲れ(重い、だるい、痛み…) »

事故、転倒・つまずきなどの、むち打ち症(鞭打ち症、むちうち症)と治療

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、むち打ち症・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~



Photo

むち打ち症と聞くと、自動車に乗っていて、後ろから追突された事故を、思い浮かびます。
しかし、自動車事故でなくても、急激に、首を後ろにカクンッと折られた時に、起こす事があります。
例えば、階段での踏み外し、歩いていてつまずく、不意に後ろから押される、尻もち、自転車で転んだ、などの場合です。


むち打ち症は、首の筋肉や靭帯が、許容範囲を超えて、引き伸ばされた外傷(捻挫)です。
頭を安定的に支え、柔軟に動かしている、筋肉や靭帯の支持力が失われ、痛みや熱感、腫れなどを引き起こします。
この為、むち打ち症のうち、7割から8割ぐらいが、「頚椎捻挫症」と診断されています。


ところが、むち打ち症は、診断が、難しいのが実情です。
筋肉や靱帯などの損傷なので、レントゲンやCT等の画像検査では、写らない為です。
この為、診断は、自覚症状が中心となり、ハッキリとした自覚症状が無いと、医師から「異常が無い」と言われる事があります。


この結果、事故後、数日や数ヶ月経ってから、「もしかしたら、あの時の事故によって…?」と思われるような、予想もしない症状が現れる事があります
例えば、首が動かない、痛い、というだけではなく、身体のダルサ、めまい、吐き気など、一見、事故と関連のないような症状が現れたりします。
他にも、緊張性の頭痛を招いたり、神経が刺激されてピリピリした感覚が頻発したり、目の症状やめまい、なども起きたりします。


これは、首の中を、自律神経が走行しているので、この神経の障害が起きた事が、考えられる為です。
首の筋肉や靭帯の捻挫だけでなく、事故直後に起きる、首周囲の『筋肉の異常な硬直』と、その影響による『毛細血管への強い締め付け』が、自律神経に影響を与えます。
この結果、頭を強打する事がなく、外傷も無かったとしても、日にちが経ってから、首周囲に違和感が出てきたり、強い肩凝りが起きたりする事があります。


この為、「むち打ち症が原因かもしれない?」と思ったら、まず、現れている自覚症状を医師に伝える事が大切です。
むち打ち症の可能性があると、通常、医院では、頚部の安静が基本治療になるので、頸椎カラーによる首の安定を行います。
その後、症状を改善させる為に、リハビリやストレッチなどを、徐々に行います。


最近の傾向としては、東洋医療を利用したマッサージ治療が、積極的に行われるようになっています。
これは、首周囲の『筋肉の異常な緊張』と、『極度の血行の悪化』が、大きな原因になっている為です。
更に、マッサージによる治療の効果が認められ、車両事故の場合、賠償保険によるマッサージ治療が適用されるようになった事も、後押ししています。


もともと東洋医療は、緊張をほぐしたり、循環を改善したりして、神経の障害を緩和させ、痛みや運動制限の回復に効果をあげてきました。
むち打ち症も、身体の不調だけでなく、「頭が重い」、「イライラする」、「よく眠れない」などの、不定愁訴の症状が多い事が特徴になっています
自覚症状が中心となるので、症状を軽減しながら,回復力を高める事が必要になります。
この為、適応する治療法として、東洋医療を利用したマッサージ治療により、独特の「ツボ」反応を応用しながら、筋肉の緊張の解消、可動域の改善、痛みの軽減などで、効果をあげています。


むち打ち症は、発症時期が早くても遅くても、早期に適切な治療を行わないと、症状の悪化や、後遺障が続いたりします。
当院は、ツボ刺激を利用し、筋緊張の除去、神経や血管の圧迫の解消などにより、むち打ち症の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                         ( 関連疾患 )

« 背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 | トップページ | キーボードやマウス操作などの、腕の疲れ(重い、だるい、痛み…) »