フォト
無料ブログはココログ

« こり による、睡眠の障害( 不眠症 ) | トップページ | 高齢者の、加齢による、冷え »

ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型)

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、こむら返り・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




Photo

「長時間立ちっぱなしだった」という日に、突然、ふくらはぎがピーン!と固まって、激痛を発する事があります。
このような、ふくらはぎが痙攣して、強く痛む症状を、こむら返りと言います。
こむら返りは、時間帯から分類すると、“昼間に起きる”タイプと、“夜間に起きる”タイプ、に分けられます。


“昼間に起きる”こむら返りの場合、その多くが、運動中か運動後に起きています。
これは、脚が、許容範囲を超えて疲労し、筋肉の柔軟性が無くなっている時に、何かのきっかけで神経が急激に高ぶると、異常な興奮を起こす為です。
よくある例として、準備運動や整理運動が十分でなかった、負荷の多い作業をした、極端な運動不足、普段なら歩かない長距離を歩いた、などです。


しかも、暑くて大量に汗をかいた場合や、排尿の量が多くなると、起き易くなります。
例えば、お腹をこわして下痢が続いた、飲み会でたくさんお酒を飲んだ、心臓病や高血圧の治療薬などの薬の服用中、などです。
これは、多量の発汗や排尿で、体内のミネラル分が一緒に排出されると、ミネラルが行っている、運動神経に信号を送る働きに異常が起きて、神経の過剰な興奮が起きる為です。


“夜間に起きる”こむら返りは、寝ている間に、脚がつって、痛くて目が覚めるタイプです。
よくあるのが、仰向けで、足の甲が伸びきった状態で寝ているうちに、足の甲に布団の重みがかかって、一気に、こむら返りが起きるケースです。
これは、足の甲が伸びきった状態になると、反対側の、ふくらはぎや足裏の筋肉が短縮した状態になり、こむら返りを起こす、一歩手前の状態になる為です。


しかも、就寝中は、神経の、筋肉のコントロール力が低下しているので、何かのキッカケがあると、急激に神経のセンサーの感度が高ぶり易くなります。
これに、脚が冷える条件が加わると、筋肉の異常興奮が起き易くなります。
例えば、脚の冷え性が酷くなったり、布団から脚を出して冷えたりすると、筋肉の収縮反応が、起き易くなります。


このように、こむら返りには“昼間に起きる”タイプと“夜間に起きる”タイプに分けられますが、共通した原因があります。
それは、脚の筋肉の柔軟性の喪失と、必要とされる血液の血行の低下です。
特に、高齢者や妊婦さんのように、運動不足や体重の増加などがあると、両方の条件が重なり、こむら返りが起き易くなります。


例えば、筋肉疲労と、血液循環が低下していると、運動をコントロールしている神経が、異常な興奮が起き易くなり、“昼間に起きる”タイプのこむら返りになります。
また、脚が冷えた状態で、寝てしまうと、血行の低下から、筋肉の収縮作用が起き易くなり、“夜間に起きる”タイプのこむら返りになります。


この為、運動や仕事で、脚の疲労が気になった場合は、筋肉の柔軟性を回復させ、下半身の血行を回復させておく事が大切です。
こむら返りを起こした場合にも、痛みが減少した後に、筋肉の柔軟性を回復させ、血行を回復させる事が大事です。
無理にふくらはぎを伸ばそうとすると、肉離れなど、脚の筋肉を痛めるので、逆効果です。


これは、ふくらはぎが『第二の心臓』と言われるように、下半身に届いた血液を、心臓に戻すポンプの役目をしている為です。
ふくらはぎの機能を高めるように、筋肉をマッサージすると、こむら返りの予防や回復効果になります。


こむら返り対策には、ふくらはぎの“筋ポンプ作用”を、活用する事です。
当院は、下半身全体の、血行の改善や疲労を回復させ、こむら返りの予防や、体調維持の為の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« こり による、睡眠の障害( 不眠症 ) | トップページ | 高齢者の、加齢による、冷え »