フォト
無料ブログはココログ

« 運動不足による、身体の節々(ふしぶし)の痛みやダルサと、その解消 | トップページ | 年末年始の、ご案内 »

ゴルフの疲れの、早期回復

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、ゴルフ・疲れ・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




2

ゴルフは、普段使わない筋肉をフルに使い、日常生活には無い姿勢を繰り返すので、どうしても力みや緊張が生じ、疲労の度合いが大きくなります。
でも、プレイ中は、緊張感や高揚感があるので、気付きにくくなります。
しかし、プレイが終わり、精神的な緊張が無くなると、脳の興奮状態が消失するので、それまでの疲れが、ドッと出てくるような感じになります。

 ≪ 首・肩・背中 ≫
スイング時に、ボールから眼を離さず、頭を残して振り切るので、首・肩・背中への筋肉に極度の緊張と、強い捻りが生じます。
この動作が繰り返されるので、首の付け根から肩にかけてだけでなく、肩甲骨の奥にある筋肉にも強い負荷がかかり、筋肉の拘縮や痛みになります。

 ≪ 肘 ≫
手首のスイングになっていたり、マットにクラブをゴンとぶつけたりすると、肘や腕の内側の筋肉を痛めます。
そのままにしていると、筋肉内の炎症を起こし、肘から手首の内側が腫れぼったく感じたり、肘に疼痛(ズキズキ痛む)が生じたりします。

 ≪ 腰 ≫
ゴルフのスイング時に、腰に急速な回転が生じるので、腰周囲の筋肉や、腰の骨を支えている靱帯に、瞬間的で急激な負荷がかかります。
この結果、腰の急激な痛み(ギックリ腰)や、重ダルサ、慢性的な腰痛、脚のこむら返り、などが起きます。

 ≪ 膝 ≫
ゴルフコースは歩く距離が長く、アップダウンも多くあるので、気付かないうちに、膝に負担がかかります。
また、スウィング時に、膝に体重が、大きくのしかかります。
負荷が多くなると、膝が伸びにくくなったり、膝がガクガクしたり、脚のムクミやダルサ、などが起きます。


運動や日常生活で溜った疲労物質は、血液に乗って運ばれ、分解されます。
しかし、普段、筋肉をあまり使わない状態が続いていると、筋力の低下から、静脈の血行を促す筋肉の血管のポンプ作用が活発化しません。
静脈の血行が促進されないので、疲労物質の排除が進まず、疲労がいつまでも残るようになります。


しかも、体内に循環する血液量は、普段の生活に合わせて、限られています。
この為、身体が疲労した状態になっても、必要とされるフレッシュな血液を、身体の隅々まで行き渡らせるのに、時間がかります。
フレッシュな血液の不足は、筋肉に緊張と興奮状態をいつまでも残します。


更に、身体を調整している自律神経も疲労します。
これにより、脳に流れ込む血液が不十分になり、倦怠感やダルサといった疲労感になります。
また、睡眠の質の低下から、体調不調が続きます。


これらの疲労は、血液の循環と密接に関係しているので、血液循環が悪いと、疲労が抜けにくくなります。
栄養ドリンクを飲んでも、ドリンクに含まれるカフェインの覚醒作用や、微量のアルコールによる気分高揚作用なので、疲労感が薄まっても、疲れ自体は無くなりません。
また、熱いお風呂に入ると 身体に高い刺激を与え爽快感はありますが、汗をかき易く、身体のエネルギーを使うので、かえって、後で疲れた状態になります。


疲労を強く感じた場合には、なるべく早く、硬くなった筋肉の柔軟性を回復させ、血行を促進させる事が必要です。
筋肉をゆっくり伸ばし、柔軟性を回復させ、血行を促進し、必要な酸素や栄養が、筋肉の隅々まで行き渡らせる事が必要です。
筋肉に残った緊張や興奮状態が解消されると、熟睡作用になるので、疲労回復に効果的です。



ゴルフ後のマッサージは、活発に動いた身体をスムーズに元の状態に戻し、疲労の早期解消に効果的です。
当院はゴルファー向けに、こわばった筋肉の回復や、血行促進を図り、疲労解消や体調回復の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 運動不足による、身体の節々(ふしぶし)の痛みやダルサと、その解消 | トップページ | 年末年始の、ご案内 »