フォト
無料ブログはココログ

« 年末年始の、ご案内 | トップページ | こり による、睡眠の障害( 不眠症 ) »

妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、妊娠中妊婦さんの、こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




2

妊娠中期から後期になって、お腹の赤ちゃんが大きくなると、妊婦さんの腰に、1~2kgの重さが加わります。
これまでと違う身体のバランスになるので、背中・腰・お尻の筋肉がパンパンに張ったり、肩こりや腰痛が起きたり、足裏に痛みが走ったりします。
更に、骨盤の靭帯を緩めるホルモン作用から、関節が不安定になり、腰やお尻の筋肉の緊張が増して、経験のない痛みを感じる事もあります。


しかし、辛くても、お腹の赤ちゃんへの影響を考えると、薬が飲めません。
相談しても、「妊娠中なら、誰でも経験する事だから…」と、片付けられてしまいがちです。
こうなると、我慢する事が多く、ストレスとなってしまい、余計にお腹の筋肉が緊張し、辛くなります。


その上、毎日が忙しくなります。
病院の定期的な検査や、出産後の支度などで、出かける事や、準備しておく事が、多くなる為です。
でも、体調の不安定や、忙しくなっても、出産後は、赤ちゃんの世話で精一杯になるので、妊娠中から、体調を整えておく事も、重要な課題になります。


昔は、このような妊婦さん特有の、身体の不調を改善する為に、“あん摩”が利用されてきました。
“あん摩”は、もともと、中国から伝来した治療法で、押したり、揉んだりしながら、血の巡りを良くし、身体の緊張をほぐす手技療法です。
現在は、マッサージとして、日本独特の手技療法になっています。


マッサージは、肩こり・腰痛・脚のむくみなどの、身体の不調の改善に、広く利用されています。
これは、適切な圧で筋肉を揉みほぐし、血行を改善させると、身体の緊張の減少や、違和感や痛みの解消だけでなく、身体のリラックス効果がある為です。
妊婦さんへのマタニティマッサージも、この手法を利用し、妊娠中の安定期はもちろん、妊娠初期や、出産の直前まで施術を受けられるように、身体の変化に合わせて、行なっています。


もともと、妊娠中に起きる、腰痛・肩こり・むくみ・便秘・頭痛などの多くは、毎日の身体の疲労や精神的な緊張から、起きています
この為、マッサージを利用して、妊婦さんの身体の緊張を和らげ、身体がリラックスできるようにすると、症状が改善されます。
肩や腰など、身体の一部の症状ならば、短時間(15分程度)のマッサージでも、かなりの効果があります。


妊婦さん用のマッサージの場合には、横向きの姿勢と、仰向けの姿勢を、組み合わせて行ないます
うつ伏せは、行いません。
これにより、妊婦さんの顔とお腹が、ベッドに押し付けられないので、お腹の赤ちゃんに安全で、妊婦さんも緊張が無い状態で、楽な姿勢でマッサージが受けられるようにしています。


本来、妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為に、“居心地の良い身体を保つ事”が、最優先です。
妊婦さんが、身体の変化に緊張して、不安な思いをしていると、お腹の赤ちゃんにも良いはずありません。
この為、妊娠中から、少しでも身体の不調を起こさないように、体調の管理が大切です。


しかし、妊婦さん用のマッサージは、力の使い加減や施術方法などに、専門的な知識と、技術を必要とします。
この為、妊婦さん用のマッサージを実施している治療院は、それほど多くありません。
インターネットなどで、マッサージの専門教育や研修の有無、そして、実際に実績のある治療院を、確認して下さい。


当院は、妊娠中の辛い症状を緩和し、快適に過ごせるように、妊婦さん用のマッサージを行っています。
ベッドはブースで仕切られているので、他の患者さんを気にする事なく、安心して、普段着のまま、施術を受けられます。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 年末年始の、ご案内 | トップページ | こり による、睡眠の障害( 不眠症 ) »