フォト
無料ブログはココログ

« ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型) | トップページ | ふくらはぎ(脚)のむくみと、腰痛・高血圧 »

高齢者の、加齢による、冷え

~ 本八幡市川市から、冷え・こり・痛み・しびれ への、『  マッサージ治療  』の御案内です。 ~



2


【 冷えの、身体への影響 】

高齢になると、「手足が冷える」、「腰やお腹が冷える」、「寒気を感じる」などの、身体の冷えで、悩む方が多くなっています。
“寒がり”と違って、身体を温めてもすぐに冷えたり、どれだけ着込んでも温まらなかったりする為です。
家族は、寒さを感じないので、一人で冷えに悩まされる事になり、余計に辛くなります。


しかも、当初は、冷えに悩まされるだけだったのが、次第に、様々な症状となって現れます
例えば、身体の症状として、「下痢をし易い」、「腰痛に悩まされる」、「肩がこる」、「しもやけができ易い」、「脚にしびれを感じる」など、いろいろです。
また、精神的にも、病気まで至らなくても、「身体がダルイ」、「疲れ易い」、「意欲が出ない」、「眠れない」などが、起きてきます。


高齢になっても、質のいい血液が全身に巡っていれば、身体がポカポカと温まり、免疫力が高くなって、新陳代謝も高まり、身体を健康にしてくれます。
ところが、『冷え性』になると、単に、「冷えを感じ易い」、「冷える体質」という事だけでなく、それに伴って、体調が悪くなります。
まさに『冷えは万病のもと』と、なります。



【 冷えが起きる、2大原因 】

高齢者の、冷えが起きる大きな原因として、身体の内部で、“熱をうまく作れなくなる”事が、あります。
年をとるにつれて、細胞の生まれ変わりのサイクルが遅くなり、発熱するエネルギーが、低下する為です。
特に、筋肉は、体温の約6割を発熱しているので、筋肉の新陳代謝が低下(生まれ変わりが停滞)によって、身体の発熱量も大きく低下してしまいます。


もう一つの、大きな原因として、“熱をうまく運べなくなる”事です。
これは、加齢によって、血管の柔軟性が減少すると、血液を送り出す力が弱まるので、せっかく熱を作れても、身体の隅々に、温かい血液が届きづらくなる為です。
しかも、血行が悪化すると、血液温度の低い静脈血が、手足などの末端から流れづらくなるので、冷えがいつまでも続くようになります。


このように、冷えの大きな原因が、血液循環の悪化によるものを、『血液循環悪化タイプの冷え』と呼びます。
年齢が増えると、どうしても、筋肉の活力が失われ、運動不足も重なってくるので、このタイプの冷えが起き易くなります。
更に、ストレスや慢性的な疲れなどがあると、余計に、筋肉の柔軟性やしなやかさが失われて、血行を低下させるので、冷えが起き易くなります。


更に、筋肉の柔軟性が失われて、硬くなってしまうと、それにより、神経の働きを障害してしまい、冷えを強めます
よく起きる例として、腰や臀部の筋肉の柔軟性が無くなると、内部の、血管を調節している神経を圧迫して、下半身の冷えを起こすケースです。
これ以外にも、筋肉の活力が失われたり、運動不足になったりすると、自律神経のバランスも乱すようになり、冷えを起こすケースも多くあります。



【 高血圧や関節痛の、原因にも 】

また、『血液循環悪化タイプの冷え』は、高血圧の原因にもなります。
血液循環が悪化すると、身体の隅々に張り巡らされている毛細血管をつまらせるだけでなく、老廃物の濃度が高まって、いわゆる“血液ドロドロ状態”が起きる為です。
毛細血管の太さは、髪の毛の1/14程しかないので、毛細血管の中を、血液が通り抜ける事ができなくなり、この結果、血圧が高くなります。


他にも、腰や膝などで、関節痛が起き易くなります。
身体の冷えで、血液の流れが悪くなると、関節周りの筋肉や関節軟骨に.栄養が不足し、筋肉や関節軟骨に、悪影響を与える為です。
この結果、クッション機能が低下するので、関節痛が発生します。



【 高齢者の、冷え対策に 】

冷えが気になると、暖房や衣服など、外側から身体を温める事に気をとられがちですが、衣類に頼るだけでは、改善されません。
体調管理を無防備にしていると、身体の冷えから低体温となって、ますます免疫力が低下して、体調もますます悪くなってしまいます
この結果、いつまでも、「寒くてよく眠れない」、「握手したら手が冷たいと言われた」、「手足の末端が冷えて辛い…」と、なってしまいます。


この為、“筋肉の柔軟性を回復”させ、“筋肉の血液を送るポンプ作用の活性化”させる事が大事です。
特に『血液循環悪化タイプの冷え』の場合、筋や腱などが硬くなっているのが原因なので、その箇所を確かめ、柔軟性を回復する事が必要です。


このような対策に、マッサージ治療を利用すると、効果的で、即効性があります。
筋や腱などが硬くなっている箇所を確認したのちに、その箇所や周辺の有効なツボを刺激し、血行促進や体調を改善させます。
血行の改善だけでなく、冷えによる不快感が一掃されるので、心身のリフレッシュ作用にもなります。


マッサージ治療は、高齢者の冷え対策だけでなく、体調管理にもなります。
当院は、高齢者向けに、市川市の施術助成券を取り扱い、血行促進や体調改善で、冷えの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]で、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )
 

« ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型) | トップページ | ふくらはぎ(脚)のむくみと、腰痛・高血圧 »