フォト
無料ブログはココログ

« 慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 ) | トップページ | 身体の奥の、鈍痛(どんつう) »

老化による首の痛み(頚椎症)

~ 本八幡市川市から、の、こり・老化・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




Photo

頚椎症は、頭を後ろに反らしたり、横に倒したりすると、首から肩にかけて、ジーンとした痛みやシビレなどを、発する病気です。
長年の姿勢や老化、事故やスポーツなどによる、首の骨の変形や、骨の並びのズレによって、内部の神経を刺激する為です。
多くが、中高年以降の、加齢によるものが多くなっています。


これは、老化によって、首の関節面で、クッション役を果たす、椎間板の柔軟性が無くなり、更に、頭を支える負荷から、骨の変形や摩耗が起きて、椎間板の厚みの均一性が失われる為です。
この状態になると、首の関節面の滑らかさが失われるので、頭を右や左に廻してみると、骨どうしがゴリゴリと擦れるような音がしたり、動きが制限されたりします。
しかし、椎間板の変性は、誰にでも起きるので、この段階では、まだ病気と診断されません。


しかし、更に、首の椎間板の摩耗が進み、神経の通り道が狭くなったり、骨に変形が進んだりして、神経が圧迫されて、神経症状が起きるようになると、頚椎症として診断されます。
例えば、高い場所を見上げたり、棚にある物を取ろうとして上を向いたりすると、肩や腕に、シビレや痛みが起き、支障をきたす場合です。
また、シビレだけでなく、運動神経をマヒさせて、首を動かす事が、できなくなる場合もあります。


このように、頚椎症の直接的な原因は、神経への圧迫ですが、実際には、首から肩にかけて、強い緊張を伴っている事が多く、これが、大きな影響を及ぼしています
これは、首に負荷がかかり続け、緊張が強まった状態になると、神経の出入口が圧迫され、神経が刺激される為です。
例えば、パソコンやスマートフォンなどの使用時間が多いと、うつむいて、頭を突き出す姿勢が多くなるので、首に後ろに強い緊張が強まり、シビレが起き易くなります。


この為、症状を解消させるには、首の筋肉の緊張を解消させる事が、何より重要です。
特に、首や肩に、いつも重ダルサや疲労感を感じている場合です。
首周囲の、慢性化した疲労や緊張から、少しの負荷でも、首に疲労や緊張が強まり、神経症状が出易くなります。


反対に、関節にゆとりがあれば、首の骨に変形やズレなどがあっても、痛みやシビレを感じることがありません。
筋肉の強い緊張(こわばり)が無いので、首の関節面がイビツになっていても、首の可動が保たれている為です。
首の動きに支障が無いので、神経を圧迫しません。


整形外科の治療では、首の関節面の圧迫を取り除き、自然治癒を待ちます。
症状が強い場合には、消炎鎮痛薬の投薬を行ないますが、治療の中心は、牽引療法、温熱やレーザー、低周波などで、痛みや痺れを和らげ、頭を後方へそらせないように生活指導をします。
しかし、治るまでに、数か月以上かかる事もあるので、長期の頸椎カラーの着用や、治療が長引く事があります。


この為、首の筋肉の緊張を、直接的に解消させる治療として、マッサージ治療を利用する事があります
マッサージ治療によって、筋肉の緊張解消や、血行促進を、積極的に行い、神経への圧迫を、早期に解消させる方法です。
これにより、電気治療や温熱療法を受ける為の通院や、頸椎カラーを着ける期間を短縮できます。
また、患者は、安静の姿勢で、首を動かす必要も無いので、リラックスして、安全に治療を受けられる利点もあります。


硬くなっている首周辺の筋肉がほぐれ、血流が改善すると、首周囲の気になる違和感や、凝りの解消になります。
当院は、頸肩部の筋緊張を除去し、神経や血管の圧迫や、骨の並びの歪みを解消し、症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( 市川市  ファミリー治療院 )                                       ( 関連疾患 )

« 慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 ) | トップページ | 身体の奥の、鈍痛(どんつう) »