フォト
無料ブログはココログ

« 治療院の、クイックマッサージ | トップページ | 老化による首の痛み(頚椎症) »

慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 )

~ 本八幡市川市 )から、慢性の、こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~



4

慢性的にコリに悩んでいる人の多くが、いつも同じ場所に、コリを感じています。
しかも、不快なコリが長引くにつれて、疲労感やダルサよりも、ズキズキとしたようなウズク痛みが、次第に強まってきます。
例えば、「肩が、いつも重ダルイ」、「慢性的に、肩甲骨の内側が、ズキズキと痛みがする」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、などです。


このような症状は、例えば、デスクワークや精神的なストレスが長引くなどで、筋肉内部にシコリができると、起き易くなります
シコリによって、血行の悪化を起こすので、筋肉内部の異常を感知した神経が、過敏状態になる為です。
この為、そのシコリを押してみると、神経特有のジーンとした痛みや、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった感じがします。


この状態が長引くと、神経の異常興奮も収まらなくなるので、ずっと痛みの信号を、神経が送り続けるようになります。
すると、いつも、神経の発するズキズキとした痛みを感じるので、仕事や家事をしていると、支障をきたす程ではなくても、不快感が増すようになります。
「ダルクなって、気力がわかない」とか、「気が滅入る」、「イライラ感がする」、「コリが気になって、仕事に専念できない」、などが起きてきます。


更に、いつも同じ場所の筋肉がコワバッテいるので、付着している骨を引っ張って、“骨の並びを歪ませる”原因にもなります。
最初の頃は、違和感や痛みのある関節部分を、伸ばしたり曲げたりすると、ゴリゴリと、関節面の骨がこすれる音がします。
しかし、そのままにしていると、骨の並びの歪みから、何気ないキッカケで、背部痛やギックリ腰、寝違いなど、激痛を引き起こす原因になります。


回復させるには、筋肉内部のシコリの箇所を確認し、そして、解消させる事です。
しかし、このズキズキとした痛みは、切り傷と違って、拡がりのある感じなので、本人も、痛みを発している箇所が、特定しづらい状態です。
しかも、医院で、画像診断や血液検査をしても、筋肉の硬縮なので、シコリが確認できません。

このような場合、トリガーポイント(発痛点)治療と呼ばれる、治療法が効果的です。
この治療法は、痛みが強く感じられる部分を探し出し、異常を起こしている筋線維に、押圧による刺激を加えながら、軟化させ、解消する方法です。
筋肉内部の異常が原因なので、皮膚の表面に張る湿布薬や、痛み止めの薬では、不快な痛みを和らげようとしても、効果がありません。


このトリガーポイント治療には、東洋医療の治療法が応用されています。
トリガーポイントは、その約8割が、ツボ(経穴)と一致していると言われています。
この為、ツボ反応を利用し、触診により、筋肉内部のシコリを確認します。



そして、表層の筋肉から深部の筋肉に押圧を加え、筋肉の繊維の状態を回復させていきます。
痛みの負担が最小限に済むように、刺激の仕方と刺激量の調整が、ポイントになります。
患部への箇所が正しく診断され、適量な刺激を受けると、患者も、「痛いけれども、気持ち良い」とか、「痛みの根っこは、そこ!」と、感じます。


更に、マッサージ治療を加えます。
シコリによって血行が悪化し、酸欠状態になっているので、神経過敏を解消させる為です。
血流やリンパの流れが正常化してくると、神経の状態が回復し、不快な違和感や痛みが減少し、無くなってきます。


トリガーポイントができる原因は、主に「不動」と「使いすぎ」と考えられています。
当院は、マッサージ治療に、トリガーポイントの治療を取り入れ、慢性的な不快な痛みの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けしています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 治療院の、クイックマッサージ | トップページ | 老化による首の痛み(頚椎症) »