フォト
無料ブログはココログ

« 治療院の、クイックマッサージ | トップページ | 老化による首の痛み(頚椎症) »

慢性 の ズキズキとする痛み ( 疼痛 )

~ 本八幡市川市から、慢性の、こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~





3

  慢性的なコリに悩まされると、不快感が長引くだけでなく、いつも同じ箇所に、強いコリを感じるようになります。
しかも、症状が長引くにつれて、チョットした疲労でも、疲労感やダルサが増し、ズキズキとしたようなウズク痛みも、強まります。
この結果、「肩が、いつも重ダルイ」とか、「肩甲骨の内側が、いつもズキズキとする」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、「ダルクなって、気力がわかない」、などが起きてきます。


この症状は、コリが長期化して、筋肉の内部に、シコリのような、柔らかい固まりができてしまうと、起き易くなります。
シコリによって、筋肉内部の血行が、極度に悪化し、神経が“過敏”状態になる為です
この為、シコリを押してみると、ジーンとした痛みや、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった、神経特有の感覚が起きます。


しかも、精神的にも、「気が滅入る」、「イライラ感がする」、「コリが気になって、仕事に専念できない」などが、も起きてきます。
これは、シコリができてしまうと、治りづらくなり、神経の異常興奮も、収まらなくなる為です。
いつまでも、痛みの信号を送り続けるようになり、仕事や家事をしていると、支障をきたす程ではなくても、不快感が増すようになります。


しかも、“骨の並びを歪ませる”原因にもなります。
筋肉のコワバリから、付着している骨を、一方向に引っ張る為です。
例えば、背骨や骨盤の、関節付近で起き易くなります。


“骨の並びを歪ませる”症状の、最初は、重ダルサや疼きの慢性化や、曲げたり伸ばしたりすると、動きづらさを感じ、それ以上動かすと、ジーンとした違和感や痛みが起きます。
関節面の微妙なズレが大きくなり、滑らかさが無くなると、動かすと、ゴリゴリとこすれる音がします。
更に、関節の柔軟性が無くなって、硬直した状態になると、何気ないキッカケで、背部痛やギックリ腰、寝違いなどが、起きます。


このような症状は、筋肉の硬縮と神経の過敏状態が原因になっているので、医院で、画像診断や血液検査をしても、確認ができません。
また、不快な痛みを和らげようとしても、筋肉内部の異常が原因になっているので、皮膚の表面に張る湿布薬や、痛み止めの薬では、効果がありません。


このような症状の解消の為に、トリガーポイント(発痛点)治療と呼ばれる、治療法があります。
この治療法は、シコリにより、血行の悪化や、筋肉の働きが失われているので、表層の筋肉から深部の筋肉へと、押圧を加え、筋肉の繊維の状態を回復させる方法です。
触診で確認しながら、異常を起こしている筋線維に、押圧による刺激を加え、軟化させ、症状を解消させます。


日本で行われているトリガーポイント治療は、東洋医療で行っている診断法や治療法が、応用されています。
不快な痛みを起こしている箇所(トリガーポイント)のうち、その約8割が、ツボ(経穴)と一致している為です。
ツボ反応を利用しながら、刺激の仕方や刺激量の調整し、痛みの負担が最小限に済むように、治療を行っています。


この為、患部の箇所を特定する時や、治療中に、患者自身が、「痛いけれども、気持ち良い」とか、「痛みの根っこは、そこそこ!」と、感じられます。
しかも、その場で、患者も、不快な違和感や痛みが減少してくるのが、分かります。
血流やリンパの流れを回復させると、筋肉のコワバリや神経の状態も回復する為です。


筋肉に異常には、マッサージ治療が適しています。
当院は、トリガーポイント治療を取り入れ、慢性的な不快な痛みの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( club 市川市  ファミリー治療院 )                                         ( cat 関連疾患 )

« 治療院の、クイックマッサージ | トップページ | 老化による首の痛み(頚椎症) »