フォト
無料ブログはココログ

« 老化による首の痛み(頚椎症) | トップページ | 首・肩・背中の、疲労や緊張による頭痛(緊張型頭痛) »

身体の奥の、鈍痛(どんつう)

~ 本八幡市川市 )から、鈍痛・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~




3

検査を受けても、異常が認められないのに、背中や腰の、鈍痛や疼(うづ)く様な痛みに、悩まされる人が多くなっています。
背中や腰などの“姿勢を保つ筋肉”は、過度の負担がかかると、筋肉がコワバッテ、血流障害が起きるので、鈍痛を引き起こすと考えられています。
また、運動不足やストレスなども、“姿勢を保つ筋肉”の働きを弱めて、血流障害を起こすので、鈍痛を起こす原因になります。


このような鈍い痛みの代表として、慢性の腰痛があります。
骨盤の回りには、強靭な筋肉の束がいくつも包み、“姿勢を保つ筋肉”として身体の安定を保ち、いろいろな動きを可能にしています。
しかし、筋力が弱まったり、姿勢の悪い状態が続いたりすると、異常を知らせる神経が刺激され、痛みの信号を発します。


通常、痛みは、危険を知らせるシグナルです。
しかし、鈍痛の場合、身体に損傷を受けなくても、身体に損傷を受けたような刺激を受けると、脳が、不快感のある痛みとして発します。
また、症状が治りにくかったり、解消しづらくなったりしている場合にも、鈍痛が起きます。


頭痛・肩こり・腰痛と,言われる症状も、これに多く当てはまります。
身体の奥の“姿勢を保つ筋肉”の痛みなので、場所が捉えどころないようで、重苦しく感じられます。
この筋肉が凝ると、凝りが強くなり、ほぐれにくい性質を持っています。


このような鈍痛は、“姿勢を保つ筋肉”ならば、全身どこにでも起きます。
立っているだけでも、座っているだけでも、常に“姿勢を保つ筋肉”のどれかが緊張しています。
この為、最も疲労し易く、収縮したままになり易い筋肉です。


また、「身体の歪み」から、身体の内側に、鈍痛を起こす事があります。
外見から判断すると、骨の並びの問題から発する痛みのように思われますが、実は、背中の筋肉の片側に、片寄った負荷がかかった痛みです。
骨の並びを維持している筋肉がコワバって、筋肉の硬直によって神経が圧迫され、神経に異常な興奮が起き、痛みの信号が起きた為です。


このような身体の奥の鈍痛を解消させるには、骨格を支えている筋肉に、直接アプローチして、回復させる事が必要です。
そして、神経の疲れも、和らげる事が必要とされます。
最近の東洋医学は、現代医学や欧米の手技療法を取り入れ、様々な痛みの分野にも治療効果を上げています。



例えば、骨格近くの硬結部を触診で確認し、圧迫と循環改善作用を交互に行います。
これにより、硬直している筋肉の弛緩と、血管を拡張し、周辺の停滞した血流やリンパの流れを回復させて、筋肉自体の活性化を図ります。
筋肉の硬結部を狙って、しっかりアプローチすると、筋肉の深部にズーンと到達したような、快い圧迫感を感じます。


また、血行が良くなると、患部がポカポカと暖かく感じ、脱力感や爽快感に似た感覚となって、鈍痛が解消されます。
うっとうしい痛みの解消だけでなく、硬くなった関節周囲の筋肉が緩み、動き易くなるので、スムーズに動けるようになります。


更に、痛みの解消だけでなく、神経の異常な興奮を鎮める効果から、神経症状の解消にも広く利用されています。
例えば、深部の筋肉がシコリ化してしまうと、鈍痛だけでなく、シビレ感や重ダルサのような、神経症状の原因になる為です。
このような治療法は、トリガーポイント療法として、現在では、リハビリ治療や医療マッサージでも、取り入れられています。


痛みは慢性化する前に、適切な治療を行って、早期に原因を取り除く事が大切です。
当院は、伝統的な東洋医療に、新しい手技療法を取り入れ、疼痛の改善治療も行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                          ( 関連疾患 )

« 老化による首の痛み(頚椎症) | トップページ | 首・肩・背中の、疲労や緊張による頭痛(緊張型頭痛) »