フォト
無料ブログはココログ

« 季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策 | トップページ | 看護や介護の、疲れの解消 »

妊娠中の妊婦さんのマッサージ(腰やお尻の痛みの緩和)

~ 本八幡( 市川市 )から、妊娠中妊婦さんのこり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。




Photo_2

妊娠して、お腹が大きくなると、体重が増えるだけでなく、姿勢も変化するので、腰や骨盤周囲の筋肉に、普段と違う負荷がかかります。
しかも、出産に向けて、骨盤の関節を弛めるホルモンが分泌されるので、骨盤の安定を保つ為、かなりの負荷がかかります。
この為、腰やお尻が、「立っていても痛い」、「横になっても痛い」、「痛くて寝返りが打てない」など、苦痛を訴える妊婦さんが多くなっています。


しかも、腰やお尻が痛むと、肩や背中まで緊張させ、身体全体をコワバラセます。
このコワバリによって、更に腰やお尻に負担がかかり、ますます、痛みが増します。


このような腰やお尻の痛みの悩みは、妊婦さんの50%~80%が経験しています。
特に、妊娠7ヶ月目あたりになると、腰やお尻に負担が増すので、痛みで悩む妊婦さんが多くなります。
しかも、夜も痛むようになると、安眠ができなくなり、情緒が不安定になるので、些細なことにイライラしたり、不機嫌になったり、してしまいます。


でも、「妊娠したら、多少の腰痛は当たり前!」と、思われがちです。
しかし、改善できるものは改善し、不快な緊張や痛みを最小限にして、体調を調整して、出産に臨む事が必要です。
妊娠すると、身体に、今迄にない負荷が増すので、負荷を和らげて、解消させる事が大事です。


例えば、筋肉の柔軟性が維持できれば、身体のバランスが崩れにくくなり、血行も良い状態を保てるので、痛みを筋肉が吸収して少なくなります。
このような目的の為に、昔から、妊婦さん用のマッサージ治療が利用されています。
骨盤の関節が緩んだり、大きなお腹に圧迫されたりしても、妊婦さんの緊張を和らげ、血液循環を促進させて、腰やお尻の痛みを和らげる効果があります。

 __________________________

30代の妊婦さんの、腰とお尻の痛みの症例

【 患者 】
 ●30代、妊娠7カ月目

【 主訴 】
 ●妊娠5ヶ月目あたりから、腰とお尻に重ダルサと痛み
 ●歩く時や、仰向けに寝たりすると、腰にズキンとした痛み
 ●立ち上がりや、キッチンの仕事がつらい
 ●妊娠中の為、マッサージがお腹の赤ちゃんに影響はないかと、不安

【 過去の治療 】
 ●産婦人科では、湿布薬の処方のみ
 ●接骨院では、治療を断られる

【 当院での検査 】
 ●右側の腰とお尻に、筋肉の緊張
 ●左側屈と左回旋がしづらい

【 当院の所見 】
 ●赤ちゃんの成長や体重の増加に伴う、腰とお尻の過緊張
 ●筋肉の過緊張が原因なので、妊婦さん用のマッサージ治療を勧める

【 当院での治療 】
 ●お腹を圧迫しないように、"横向き"と"上向き"で施術
 ●緊張している筋肉に、圧迫とストレッチを併用し、緊張を弛める
 ●治療を数回行い、痛みを緩和
 ___________________________


マッサージは、国家資格『あん摩・マッサージ・指圧師免許』の取得者で、受けられる事をお勧めします。
(接骨院や整骨院の、柔道整復師の資格は、マッサージを行う資格ではありません。)
かかった費用は、医療費控除の対象になる医療費の扱いを受けられます。


当院のマッサージの治療時間は、気になった時に、繰り返して受けられるように、最短15分から受け付けています。
気になっている箇所を、的を絞って行う事も可能なので、腰痛だけでなく、足裏の痛み、肩こり、背中の痛み、脚のむくみ、などの施術も可能です。
上半身全体ならば、30分程度が目安になります。


治療室は、リラックスできるように、カーテンで仕切った個室になっています。
脱衣する事なく、着衣のまま、また、骨盤ベルトも着たままでも可能です。
また、妊婦さんが安心してマッサージを受けられるように、“うつ伏せ”の姿勢はとらず、“横向き”と“上向き”で行っています。
痛みを我慢せずに、快適な、マタニティライフを送って下さい。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                         ( 関連疾患 )

« 季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策 | トップページ | 看護や介護の、疲れの解消 »