フォト
無料ブログはココログ

« めまい・耳鳴り、が気になったら | トップページ | 寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない »

ストレッチ と マッサージ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




3

背スジを伸ばそうとしても、背中が固まって反らせなかったり、前かがみをしようとしても、床に指が着かなかったりすると、“身体が硬くなっている”事に気付かされます。
でも、「身体が硬くても、日常生活に支障はないし…」とか、「わざわざ運動の為に、時間を作るのが大変」と、思ってしまいます。
しかし、筋肉が硬いと、筋肉に囲まれている関節の動きが狭まって、鈍ってくるので、年齢が上がるほど、生活上のデメリットが出てきます。


例えば、“身体が硬くなっている”と、血行も悪くなるので、身体が疲労し易く、回復力が遅くなり、身体がダルク、重い感じが、続くようになります。
しかも、筋肉の弾力性が落ちるので、身体を支える膝・腰、背中などの関節に、大きな負担がかかり、動き始めや、不意の動作、更に寒い季節などに、関節痛が起き易くなります。
更に、動く事にオックウになるだけでなく、身体の不調感から、行動意欲の低下や、イライラや気分の落ち込みまで、引き起こします。


改善や予防には、ストレッチが勧められています。
ストレッチは、筋肉の柔軟性を高め、関節の動く範囲を拡げて、身体の動きを滑らかにします。
更に、酸素や栄養素を運ぶ血液の循環も良くなるので、疲労回復にも効果もあります。


しかし、形だけのポーズをしても、効果が出ません
効果を出すには、普段、伸ばす事が少ない筋肉や、身体の姿勢を維持している筋肉を、意識して伸ばす事が必要です。
ところが、どの筋肉の柔軟性を高めたら良いのか、ハッキリ分からなかったり、筋肉の柔軟性の程度が、分からなかったりします。


また、効果を発揮するには、大まかでも、ストレッチする筋肉の、位置と特徴を理解しておく事が必要です。
身体を動かす方向によって、対象となる筋肉が変わるので、どの筋肉を、どの方向に伸ばすのか、を意識しながら、繰り返す事が大切です。
この為、コーチからの指導も重要です。


更に、ガンバリ過ぎないようにする事も、必要です。
“身体が硬くなっている”事が、気になっていると、ストレッチのつもりが、“筋トレ”になってしまい、ますます負荷をかけ過ぎてしまう為です。
終わってから、不快感が増したり、痛みが増したりします。


身体の改善は、身体の状態を確認して、それに合わせて行う事が必要です。
また、時間が無い方や、身体の改善が難しい場合には、工夫も必要です。
しかも、「疲れを解消したい」とか、「リラックスした気分になりたい」などが目的なら、ストレッチよりマッサージ治療の方が、効果的で、即効性があります。


マッサージ治療は、身体の硬結(コリ)や筋の癒着(固い部分)を、取り除くので、コンディション調整だけでなく、体調の管理にもなります
東洋医療を取り入れたマッサージの場合には、ツボや圧痛点を刺激して、本人が気付きにくい患部を確認し、直接アプローチします。
これより、筋肉を効率良く伸ばすだけでなく、身体の調整を行い、身体の不快感も解消させます。


特に、疲労や緊張で筋肉が硬くなってしまい、ストレッチをしても、伸ばしづらくなっている場合に、マッサージ治療が適しています。
ストレッチがやりづらい箇所の、筋肉の働きを活性化したり、血液循環を促進したりして、関節の可動域の拡大や、炎症の抑制も可能になります。


マッサージは、筋肉の柔軟性の回復や血液の循環を促進させ、関節の可動域の拡大、痛みの抑制やリラックス効果をもたらします。
当院は、マッサージ治療で、筋緊張の軽減、関節可動域の回復、疲労回復、疼痛や不快感などの、解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( 市川市  ファミリー治療院 )                                            ( 関連疾患 )

« めまい・耳鳴り、が気になったら | トップページ | 寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない »