フォト
無料ブログはココログ

« ストレッチ と マッサージ | トップページ | 運動不足と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ »

寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



2


【 寝ていると、背中や腰が痛い 】

『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』という諺があります。
「寝る事は、気持ちがいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…」と、言っています。
ところが、寝ていると、背中や腰が痛くなって、「寝ていると辛い!」という人がいます。


このような人は、寝る姿勢の中でも、仰向けの姿勢が、辛く感じます
例えば、「首の後ろや背中が、板に張り付いたように感じる」、「背中や腰が緊張してしまい、痛くなる」、「寝ていると、疲労感が増す」、「空気が吸いづらく、息苦しくなる」、などです。
中でも、肩甲骨の内側に、疼くような痛みを感じている事が多く、寝返りをしようとすると、ピリッとした痛みが起きて、動きを封じられてしまう事があります。


この為、背中や腰の痛みから、横向きになって、寝ようとします。
しかし、今度は、下になった肩から肩甲骨あたりが、痛くなるので、そのまま寝ていられません。
しかも、下になっている肩や骨盤の負荷を減らす為に、身体を歪ませるので、ジッと寝ている事が苦痛になります。


このようになると、いくら寝る姿勢を変えても、無意識のうちに身体に力が入るので、身体が休めなくなります。
そして、身体の緊張から、精神的な緊張も引き起こし、リラックスできなくなります。
この結果、疲労を回復するどころか、寝ていると疲労が増して、「寝ていると辛い!」となってしまいます。


【 寝られるには、条件が… 】

本来ならば、仰向けに寝る姿勢は、体圧の負荷が、全身に分散されるので、理想的な、寝る姿勢です。
胸や肺を圧迫する事が無く、自然に、スムーズな呼吸が行え、しかも、血液が無理なく全身を巡るので、快適な眠りを手に入れ易くなります。
このような理由から、大の字になって仰向けで寝る姿勢が、健康的で、気持ちが良い、イメージになっています。


しかし、仰向けで、リラックスして寝られるには、“条件”があります
それは、身体にかかる負荷を、全身に、無理なく分配する事が、可能な場合です。
人間の背骨は、なだらかなS字型を描いているので、寝ている時に、このS字型を、まんべんなく、布団に接触させていられるような、“柔軟性”が必要です。


ところが実際には、仕事や日常生活で、あまりにも、同じ姿勢の作業や、同じ動きの作業、不自然な姿勢などが、多くなっています。
この結果、気が付かないうちに、背中や腰が硬く緊張した状態になり、夜になっても、この緊張が解消されないと、仰向けの姿勢が取りにくくなる原因になります。
これは、仰向けで寝ると、背中や腰などの、硬くなったS字型の出っ張った一部にだけ、体重がかかるので、局所的な負荷(圧力)を感じ、痛みを生じ易くなる為です。


また、背中の筋肉が固まったままだと、眠ろうと目を閉じても、コワバリから、息苦しく感じたり、苦痛になったりします。
しかも、血流が滞り易くなっているので、脳がリラックスできません。
脳にとって、強い覚醒刺激になります。



【 おやすみモードへの、体調改善 】

仰向けで寝るのが、辛く感じるのは、身体に、いつも以上の疲労や緊張で、心身に不調を起こしているからです。
判断するには、例えば、仰向けでも横向きでも、スムーズに寝返りを打てるかどうかが、大切なポイントになります。
寝返りを打とうとすると、身体の一部に痛みを感じたり、身体が重い感じがしたりする場合は、身体の深部に強い硬直や疲労が起きている事が考えられます。


筋肉や関節の負荷が少なくなるように、寝返りし易いマットレスや敷布団の利用もありますが、やはり、腰や背中の筋肉の柔軟性の回復が重要です
更に、腰の動きが悪くなっている人は、お尻も硬くなっているので、併せて回復させる事が必要です。
「どの部分に負担がかかっているか」の確認や、「股関節や腰の関節の動きのチェック」が、大切です。


更に、痛みを感じる背中や腰だけでなく、首の緊張も緩める事が必要です
首の緊張は、血行を悪化させるので、脳の緊張状態を招いて、睡眠の質を落とす要因になります。
緊張を和らげると、血液やリンパ液の循環が良くなり、呼吸も楽になるので、リラックスした感じになり、神経の興奮が鎮まります。


また、血行の滞りが回復すると、眠りを誘うようになります。
これは、熱を運ぶのは血液が、身体の表面から放熱する為です。
身体の表面からの放熱が起き易くなると、身体や気持が緩んだ感じとなり、“おやすみモード”に切り替わり易くなります。


しかし、首から腰にかけての筋肉は、自分で、緊張緩和させる事が、難しい場所です。
このような場合には、国家資格者のマッサージのいる治療院で、治療をお試し下さい。
特に、東洋医学のツボを利用した治療は、首周囲の筋肉の働きや血行を改善し、神経の興奮を鎮めるのに、効果的です。


気持ち良く眠りにつけない原因に、背中の筋肉の緊張が解消せず、コワバッテいる事が多くなっています。
当院は、体調を整え、過度なストレスを軽減し、心身のリラックスを図る治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]で、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« ストレッチ と マッサージ | トップページ | 運動不足と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ »