フォト
無料ブログはココログ

« ストレッチ と マッサージ | トップページ | 運動不足と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ »

寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




1

『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』、という諺があります。
寝る事は、気持ちいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…、と言っています。
ところが、寝ていると、背中や腰が痛くなって、「毎日、眠るどころではない!」という人もいます。


特に、仰向けの姿勢で寝ると、痛みを感じ易くなるようです。
横になるだけでも、背中や腰から骨盤にかけての筋肉が、緊張して硬くなっているのを感じ、ジッと寝ている事が苦痛になります。
このようになると、寝る事が苦痛になります。


本来、仰向け寝は、胸や肺を圧迫する事がないので、息苦しさを感じる事が少なく、スムーズに呼吸が行える姿勢です。
また、血液が無理なく全身を巡り、寝返りも打ち易いので、快適な眠りを手に入れ易くなります。
このような理由から、大の字になって仰向けで寝る姿勢が、健康的で気持ちが良いイメージになっています。


しかし、仰向け寝で、リラックスできるには、“条件”があります。
それは、身体にかかる負担が、全身に均等に分配されている場合です。
人間の背骨は、なだらかなS字型を描いているので、寝ている時に、このS字型を、まんべんなく、布団に接触させていられる事が必要です


ところが、毎日の長時間のデスクワークや立ち仕事、うつむき姿勢の家事などは、気が付かないうちに、背中が硬く緊張した状態になります。
夜になっても、この緊張が解消されないと、柔軟性が無いので、腰や背中一部にだけ体重がかかってしまいます。
特に、仰向け寝になると、局所的に負荷(圧力)を感じ易くなり、身体に痛みを生じ易くなります。


この為、理想の敷き布団は、身体の一点に負担がかかるのではなく、かかる負担が分散される敷き布団です。
身体にかかる負担を分散し、吸収してくれる敷き布団だと、腰にも背中にも負担がかかりません。
また、寝返りもし易いので、眠り易くなって、ぐっすりと眠れるようになります。


しかし、仕事や日常生活で、あまりにも、同じ姿勢の作業や、同じ動きの作業、不自然な姿勢などが続くと、仰向けの姿勢が取りにくくなります。
例えば、猫背だと、仰向けになると、逆に、背中がそってしまうので、仰向けになるのが苦しくなります。
また、腰や骨盤などの歪みも、布団と腰の間に隙間ができて、仰向けの姿勢が取りにくくなります。


更に、背中の筋肉が固まったままなので、身体がほぐれないので、脳がリラックスできません。
眠ろうと目を閉じても、コワバリから息苦しく感じたり、苦痛になったりします。
脳にとって"強い覚醒刺激"になってしまいます。


仰向けで寝るのがつらいと感じたら、それは身体の不調のサインです。
痛みを感じる背中や腰だけでなく、首の緊張緩和も必要です。
緊張を和らげると、自律神経の興奮を鎮めるので、血液やリンパ液の循環も良くなり、呼吸も楽になり、リラックスした感じになります。


しかし、首から腰の筋肉は、自分で緊張緩和させる事が、難しい場所です。
このような場合、国家資格者のマッサージのいる治療院で、治療をお試し下さい。
特に、東洋医学のツボを利用した治療は、首周囲の筋肉の働きや血行を改善し、自律神経のバランス回復に効果的です。


血行が良くなると、身体の表面からの放熱が起き易くなり、“おやすみモード”に切り替わり易くなります。
これは、熱を運ぶのは血液が、身体の表面から放熱する為です。
身体や気持が緩んだ感じとなり、眠りを誘うようになります。



夜に、気持ち良く眠りにつけない原因に、背中の筋肉の緊張が解消せず、コワバッテいる事が多くなっています。
当院は、体調を整え、過度なストレスを軽減し、心身のリラックスを図る治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« ストレッチ と マッサージ | トップページ | 運動不足と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ »