フォト
無料ブログはココログ

« 眠る事ができない、眠れない (寝つきが悪い入眠障害) | トップページ | 背骨や骨盤の、体の歪み »

緊張型頭痛の市販薬と、リラックス法の、注意点

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




2

緊張型頭痛は、慢性頭痛の中で最も多く、7~8割を占めています。
肩や首の筋肉の緊張から、血流が悪化し、必要な酸素の不足や、老廃物が溜まり、神経を刺激します。
後頭部を中心にして、側頭部や首筋にかけて痛み、『鉢巻で、頭を締めつけられているような痛み』と言われます。


痛みの特徴として、頭全体が重苦しくなり、鈍い痛みがダラダラと続くようになります。
しかし、片頭痛のように、我慢できずに、寝込んでしまうような、痛みではありません。
この為、痛みを我慢しながら、仕事を続ける事になるので、気分がふさぎ、仕事の効率も落ちてしまうので、かえって辛くなります。


このような状態になると、一刻も早く、痛みを解消しようと、薬に頼りたくなります。
ところが、緊張型頭痛と分かっていても、「どんな薬を飲んだら良いのか?」、「効果のある頭痛薬は?」など、薬を選ぶのに、迷ってしまいます。
薬局では、様々な薬のメーカーの市販薬を並べ、また症状に合わせて、いろいろな種類を揃えている為です。


しかし、それ以上に、問題があります。
それは、精神的なストレスが強く、毎日のように頭痛が続くと、鎮痛の効果が期待できなくなる事です。
最初の頃は、「薬が効く」と思っていたのが、頭痛薬を使っているうちに、次第に「効果が持続しない」とか、「あまり効果がない」となります。


これは、症状を薬で抑え込もうとすると、身体が薬の力に頼るようになり、身体の抵抗力が低下する為です。
しかも、毎日のように鎮痛薬を飲むと、少しの刺激でも、痛みを感じ易くなります。
更に薬を飲み続けると、痛みの調整機能が働かなくなり、治りづらい『薬物乱用頭痛』が起きます。


この為、医院で医師が薬を処方する場合でも、薬の使用が、月に10日を超えないようにします。
しかも、急を要する場合には薬を処方しますが、最終的には、リラックス法で、痛みに対応する事を目標にしています。
例えば、ストレッチで、過度に緊張しないようにしたり、運動法で、凝り固まっている筋肉を緩め、血行をスムーズにさせたりして、薬に頼らないように指導します。


しかし、筋肉の硬化が強くなったり、慢性化したりすると、セルフマッサージやストレッチでは、なかなかリラックス効果が現れません。
これは、自分でできる事が限られる事や、自覚症状のある部分だけでなく、後頭部から背中にかけて、広範囲の筋肉を緩和させ、血液やリンパ液の流れを円滑にする事が必要になる為です。
しかも、筋肉の内部に、硬いシコリができてしまうと、更に解消が難しくなります。


緊張型頭痛には、肩周辺をただ揉むのではなく、首に続く上半身の柔軟性を回復させる事と、筋肉内のシコリを解消させる事が、大きなポイントです
この為、緊張型頭痛の解消には、国家資格者による、東洋医療に基づくマッサージ治療を、お勧めします。
また、次のような症状で悩んでいる場合も、早目に治療を受けて、体調を回復させて下さい。
  『昔から、頭痛もちで悩んでいる』
  『季節の変わり目や、梅雨時がつらい』
  『薬を飲んでも、効果がない』
  『長時間のデスクワークなどの後に、起こる』
  『枕が合っていないのかも』
  『スマホの画面を見ると、眼や頭が痛くなる』
  『最近眠れない事が、多くなった』  
  『生理のはじまる前や、生理中に起こる頭痛がツライ』

緊張型頭痛は、慢性化すると、血圧の変動を大きくさせたり、胃腸の調子も悪化させたりして、精神的にイライラ感や情緒不安定にさせたりします。
当院では、筋肉の緊張解消、血管やリンパの循環改善、神経圧迫の回復などによる、緊張型頭痛の治療を行っています。 
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( 市川市  ファミリー治療院 )                                            ( 関連疾患 )

« 眠る事ができない、眠れない (寝つきが悪い入眠障害) | トップページ | 背骨や骨盤の、体の歪み »