フォト
無料ブログはココログ

« イライラ、疲労、だるい、頭重、眠れないなど、女性の不定愁訴と東洋医療 | トップページ | 女性の更年期の腰痛 と、お尻の冷え »

更年期の血圧上昇(高血圧)と、肩こり

l~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




2

【 変動し易い、更年期の血圧 】

女性の場合、40歳代前半までは血圧が低くても、更年期前後から、急に血圧が上がる傾向があります。
これを、『更年期高血圧』と呼びます。
女性ホルモンが減少してくると、血圧をコントロールしている自律神経が変動し易くなるので、それに伴って、血圧が不安定になる為です。


『更年期高血圧』の特徴として、上と下の血圧が両方とも高くなる事と、血圧上昇時に脈が早くなる事です。
これに伴い、頭に血が上ったようになり、胸がドキドキし、血圧が上がってきます。
また、普段でも、今までにない、ほてりやのぼせなどで不安になると、血圧が上がり易くなります。


この血圧を上げてしまう背景として、更年期の不安やストレスが、関係しています。
更年期の症状と分かっていても、めまいや動悸が起きれば、不安感が増し、気分的にイライラしてくれば、ストレスが高まってしまうからです。
また、この時期になると、子どもの就職や独立、夫の定年、親の介護など、環境が大きく変わってくる事も、メンタル面に大きな影響を与えます。


この為、日常のちょっとした事に苛立ったり、睡眠不足になったりすると、血圧が急に高くなってしまいます。
しかも、血圧の上昇によって、不安やストレス感が増すので、悪循環となってしまいます。
このように、更年期の血圧は、上がったり下がったりを繰り返すので、早朝にも血圧が上昇して、心血管疾患のリスクを高める危険があります。



【 慢性的な高血圧に 】

ところが、この状態をくり返しているうちに、血圧が上がり易いので、慢性的な高血圧状態になってしまいます
これは、自律神経の働きが不安定になると、身体に緊張や興奮が続き、知らず知らずのうちに、筋肉が硬くなってくる為です。
しかも、加齢や運動不足で、筋肉の働きが弱ると、ますます血管のしなやかさが無くなります。


例えば、今まで経験の無かった肩こりが起きたり、酷くなったりした場合には、血液の循環が悪くなっている可能性があります。
また、「首スジから肩にかけて、どうもスッキリしない」とか、「重ダルサさやコワバリを、感じるようになった」などの場合も、同じです。
高血圧には、自覚症状がほとんど無いと言われていますが、気をつけていると、気になる兆候を感じます。


更に、硬くなった筋肉に、慢性的に血管が押し付けられるようになります。
また、自律神経の変動が大きくなると、体調が悪くなったり、疲れが溜まったりして、これも、血圧の上昇をもたらします。
何も対策をとらないと、55歳ぐらいから本格的な高血圧へと進んでしまいます。


医院の治療では、薬の処方と共に、食生活や運動習慣などの、生活指導がされます。
これは、薬による治療法は、簡単で、即効性がありますが、根本的に治す事ができない為です。
血圧を下げる事ができても、薬の服用を中止すると、再び血圧が上昇してしまいます。


この為、ストレスの解消を心がけて、心と身体の両方に、負担のかからない生活に改善する事、バランスのとれた食生活や、適度な運動が勧められます。
上が140~159、下が90~99mmHgの範囲であれば、運動と食事だけでも、薬を使わずに、血圧を下げられる事もあります。
特に、適度な運動は、筋肉にたくさんの酸素や栄養を運ぶので、血管が広がり、血圧を上げようとする神経の緊張を、緩和させる働きがあります。



【 更年期高血圧の対策 】

しかし、更年期になると、身体の筋肉は、運動不足や姿勢の悪さ、加齢などで、硬くなっているのが実情です。
適度な運動をしようとしても、運動がしづらいので、継続が難しくなります。
また、運動の効果は、すぐには現れないので、飽きてしまい、途中でやめてしまいがちです。


この為、体調の調整が重要になります。
更年期を境に、体調や血圧対策には、薬に頼るのでなく、血流の改善を中心に、身体の管理をする事が大切だからです。
血液の循環が促進し、心臓や肺の働きを向上するので、次第に、身体の各部の機能が回復させる効果があります。


例えば、頭や首筋が重くなる事で、不快感が増し、血圧を上昇させてしまいます。
この種の頭重感による不快感は、肩こり症候群や更年期障害を患っている女性に、多く見られます。
このような場合に、マッサージ治療で、首筋や肩の筋肉の硬直を解消させ、柔軟性を回復させると、不快感が無くなり、血圧も安定してきます。


また、下半身の柔軟性を回復させておく事も、『更年期高血圧』の対策にも効果的です。
これは、重力の影響によって、下半身には70%の血液が集まるので、下半身の柔軟性が失われてくると、血行が停滞してしまう為です。
この場合も、ふくらはぎを中心にマッサージをすると、ふくらはぎのポンプ作用が活性化し、血流を改善する事が出来ます。


体調を整え、高血圧を招く緊張状態を和らげる為にも、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が勧められます。
当院では、こりや痛みだけでなく、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、疼痛などを解消する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« イライラ、疲労、だるい、頭重、眠れないなど、女性の不定愁訴と東洋医療 | トップページ | 女性の更年期の腰痛 と、お尻の冷え »