フォト
無料ブログはココログ

« 筋肉の、奥の深い所にある、こり | トップページ | 更年期の血圧上昇(高血圧)と、肩こり »

イライラ、疲労、だるい、頭重、眠れないなど、女性の不定愁訴と東洋医療

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




2

「何となく体調が悪い」というような状態を、不定愁訴と言います。
ハッキリとした原因は、分かっていませんが、生活上のストレス、睡眠不足、自律神経の乱れ、ホルモンバランスなどが、様々に絡み合って、影響していると言われています。
女性の場合には、女性ホルモンの微妙な加減によって、自律神経の働きが大きく影響されるので、40代以降、女性ホルモンが低下してくると、不定愁訴が起き易くなります。


症状は多種多様で、頭痛、食欲不振、慢性疲労感、不眠、微熱など、様々です。
程度の個人差はありますが、更年期の女性の60~70%は、こういった症状を経験していると言われています。


しかし、女性の場合、家事や育児、介護などに追われてしまうと、身体に異常を感じていても、ツイ後回しにしてしまいがちです。
「年齢的に仕方がない!」と、諦めや、弱気になってしまいます。
そして、「この程度ならば、我慢していれば、そのうち解消するだろう」と、期待してしまいます。


ところが、不定愁訴は、我慢しているうちに、じわじわと悪くなってくるケースがほとんどです。
これは、毎日の生活の中で、神経が絶えず緊張していなければならない状況にあると、自律神経のバランスが崩れ易くなる為です。
また、我慢を続けるうちに、余計に症状をツラクさせてしまいます。


更に、人から誤解される、別のツラサも出てきます
不定愁訴の違和感や不快感は、あくまで本人だけが感じる、強い“自覚症状”だからです。
周りの人には、症状のツラサが理解されづらいので、「やる気がない」とか、「怠惰な人」、と思われてしまいます。


この為、原因を解消させる事ができなくても、症状を軽減する事ができれば、本人にとって、大きな助けになります
何より、生活の質が、向上できます。
また、これによって、身体の回復力を高める事も、期待できます。


例えば、肩や背中の緊張が強まっていると、頭痛、頭重感、めまい感、胸の圧迫感、息苦しさ、倦怠感、微熱などが起きます。
ハッキリとした症状が無くても、「身体がどうもスッキリしない」というような、不快感が増します。
このような場合に、肩や背中などの緊張を取り除くと、体調の改善になり、気分的に楽になります。


また、腰やお尻が硬くなって、血行が悪くなると、腰の痛みだけでなく、ダルク重い感じになり、何とも言えない倦怠感を生じます。
これは、筋肉の働きが低下し、血液循環が障害されるので、疲労物質が蓄積する為です。
腰やお尻の筋肉の柔軟性を回復させて、血行を改善すると、身体全体がスッキリしてきます。


不定愁訴の特徴として、身体にダルサを感じたり、コワバリを感じたり、どうもスッキリしないなど、不快な症状を感じさせます。
この為、身体に現れた自覚症状を重視して、その人の体質などを考慮した治療を行う事が必要です
このような治療に、東洋医療の基づいた治療法が適しています。


東洋医療は、身体の凝りや緊張を解消させて、自律神経のバランスを回復させる作用があります。
例えば、身体の中で、最もつらいと思われる症状や、治したいと思う症状に、ポイントを絞って治療を受けてみるのも、とても有効です。
不快症状の中で、ポイントを絞って治療を行い、身体の不快感を減少させられれば、次のステップになります。


不定愁訴のように、原因がはっきりしない症状の場合には、睡眠薬や鎮痛剤、精神安定剤などの薬を使う前に、体調を整える治療を、お試しください。
当院は、保健所の認可を受け、個室型の施術室で、女性の患者が安心して、マッサージ治療が、受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( virgo 市川市  ファミリー治療院 )                                       ( taurus 関連疾患 )

« 筋肉の、奥の深い所にある、こり | トップページ | 更年期の血圧上昇(高血圧)と、肩こり »