フォト
無料ブログはココログ

« 中高年と、スポーツマッサージ | トップページ | デスクワークの疲労感やイライラと、積極的休養法 »

その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~


4

日本人の多くが体験する疼痛として、『 首こり 』・『 肩こり 』があります。
首すじ、首のつけ根から、肩または背中にかけて、張ったような、凝った痛みです。
通常、首や肩の筋肉が、緊張や疲労で硬くなり、血行が悪化して、筋肉の内部で酸素不足となり、疲労物質も作られるので、痛みやダルサを感じます。


ところが、凝りの中でも、“神経が異常な興奮”を起こす凝りがあります。
神経が刺激されて、過敏になり、筋肉の中で、神経特有のジーンと疼くように感じや、ズキズキとした感じが起きます。
筋緊張や血流の悪化によって、こりの痛みや不快感が続いて、神経が悲鳴をあげたような状態になります。


このような状態になると、神経からの不快感だけでなく、筋肉のコワバリが強まって、ギューッと締めつけられているような感じや、重ダルサも感じます。
更に、肩を廻したり、腕を伸ばそうとすると、強い抵抗を感じたり、ゴリゴリとした音が出ることもあります
これは、筋肉の強い収縮によって、関節面が引きつけられた状態になるので、動かしづらくなったり、コワバッタ筋肉と下の骨が擦れたりして、摩擦音が出る為です。


更に悪化すると、肩や腕に、シビレなどの症状を引き起こすだけでなく、『 首こり 』の場合には、血液循環の悪化から、頭痛、耳鳴りなども、引き起こします。
このように、神経も障害されて、なかなか治らない痛みを、『神経障害性疼痛』と言います。
身体のどこにでも生じる可能性がありますが、特に、首・肩・腰のように、“身体の重みがかかる”関節付近が、多くなっています。


しかも、このような不快感や痛みが長く続くと、気分的にイライラさせられたり、気になって集中力が続かなくなったりします。
特に、神経トラブルや不眠、疲労などで、自律神経のバランスが乱れたり、不安や恐怖、怒りや悲しみ、そして孤独などの心理的要因があったりすると、症状が悪化します。
また、低気圧が近づき、雨などの天候の悪い日になると、それに伴って、症状が悪化する事もあります。


いつも同じ所がジーンとする、しつこい凝りや、ズキズキする凝りには、注意が必要です。
このような凝りが長期化すると“神経が異常な興奮”を起こすので、湿布や温めただけでは、解消しなくなります。
そして、神経の異常興奮と血流悪化が、悪循環となって、筋肉の中で、神経特有の不快感が強まり、長引くようになります。



このタイプの凝りを解消するには、神経の過敏になっている箇所を突き止め、過敏状態を回復させ、痛みの発生を無くす事が必要です。
画像検査では映らないので、問診と触診をベースにして、押されるとジ~ンと響いたり、「痛(イタ)気持ち良い」と表現されるような、疼痛を感じたりする箇所を調べます。
そして、神経の過敏点の確認後、深部の過敏点を逃がさないように、しっかりとシコリを捉え、圧迫しながら、弾力性を回復させていきます。


また、シコリ付近の、停滞している血流とリンパ液の流れも解消し、神経を正常化する事も必要です。
痛みによって、緊張が慢性化すると、シコリとなり、血液不足→酸素不足→痛み信号発生→血液不足、という悪循環のサイクルが形成されるからです。
時間をかけて、シコリを柔軟化して崩していくと、シコリが形を変えながら縮小していきます。
回復が困難な凝りや、慢性化して治りにくい凝りは、治療を受けて解消させる事が大切です。


凝りによって、絶え間ない違和感(疼痛)に悩まされるようになると、“神経の異常な興奮”を起こすキッカケとなります。
当院では、神経や血管が圧迫されている筋緊張を解消し、痛みや不快感を解消する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 中高年と、スポーツマッサージ | トップページ | デスクワークの疲労感やイライラと、積極的休養法 »