フォト
無料ブログはココログ

« 背中の疲れによる、むくみ と 痛み | トップページ | 立ち仕事と、腰痛対策 »

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

~ 本八幡( 市川市 )から、妊娠・疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




4

妊娠して5ヶ月目ぐらいから、お尻の奥に痛みを感じ始め、次第に強まるだけでなく、「ピリッと刺されるような」痛みが起きる、妊婦さんがいます。
例えば、立ち上がりにお尻がピリピリと痛み出したり、ソファに座っていても尾底骨に疼くような痛みを感じたり、また、寝起きに身体を起こす時にお尻の奥が痛み出したり、などです。
毎日の買い物や家事などをしていると、不意に起きるので、不安になります。


最初の頃は、下半身が、何となくむくんだような、ボテッとした感じや、腰が重ダルイ程度です。
ところが、いつの間にか、お尻に痛みを感じるようになります。
ひどくなると、お尻や太ももに、痛みを伴ったシビレを感じるようになります。


このような状態になると、以前、ギックリ腰の経験のある妊婦さんは、要注意です。
お尻の疲労や緊張が、腰に及んでいるだけでなく、神経が、チョットした事でも、敏感に反応してしまう為です。
「何となく、腰に違和感!」、と思っているうちに、ギックリ腰を起こしてしまいます。


本来ならば、お尻の筋肉は、「縁の下の力持ち」として、“忍耐強い”特徴があります。
しかし、妊娠して、お腹が大きくなるにつれて、次第に体重が増すので、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかります。
また、お腹を前に出すような、反った姿勢が多くなるので、上半身の重みが、お尻の筋肉に乗っかり、体型的にも、お尻に負荷がかかるようになります。


更に、骨盤をシッカリと固定している靭帯が、出産に備え、緩んでくる事も、お尻の筋肉に負荷が増します。
その分、骨盤回りの筋肉に、身体を支える働きが、必要になる為です。
負荷と緊張が増し、耐えられなくなると、痛むようになります。


妊娠すると、気付かないうちに、お尻の筋肉に、負荷が増します
この為、腰や股関節に痛みが出ないように、筋肉の柔軟性を保ち、疲労や緊張を、蓄積させない事が大切です。
中でも、お尻は、負荷が大きくかかるので、“筋肉の柔軟性と血行”を保つ事が、必要です


しかし、運動やストレッチで、筋肉の柔軟性を回復させようとしても、妊娠中は、お腹が大きくなり、腰や脚を動かせる範囲が少なくなるので、運動を行う事が困難です。
無理に頑張ってしまうと、かえって、疲労や緊張を強めてしまいます。
また、痛みを感じる表面に、薬を塗ったり、湿布薬を貼ったりしても、深部の筋肉の、疲労や緊張が原因になっているので、効き目があまりありません。


このような、妊娠中の疲労や痛みの解消には、便利で、効果的なのが、妊婦さん向けのマッサージ治療です。
妊婦さん向けのマッサージ治療は、お腹にかかる圧を、心配しなくて済むように、横向きに寝てもらい、更に、上側の膝下にクッションを置いて、お腹に圧がかからない状態で行います。
これにより、お腹が圧迫されず、呼吸も楽にできるので、リラックスした状態で、マッサージが受けられます。


お尻や腰の“筋肉の柔軟性と血行”を、回復させると、「腰の重だるさが軽減された」と言う人がいるくらい、身体のコンディション調整に、効果があります
これは、日常動作で、お尻や腰に、多少の負荷がかかっても、バランス良く吸収され、負荷を早く解消します。
しかも、腰や背中の筋肉の緊張が緩むので、身体全体がリラックスできます。


マッサージ治療は、筋肉の疲労や緊張を解消し、血行の良い状態にするので、妊娠中に利用すると、痛みを軽減させるだけでなく、体調を整える効果もあります。
当院は、妊婦さん用に、腰や下半身の血流改善や、筋肉の緊張解消のマッサージを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( virgo 市川市  ファミリー治療院 )                                      ( dog 関連疾患 )

« 背中の疲れによる、むくみ と 痛み | トップページ | 立ち仕事と、腰痛対策 »