フォト
無料ブログはココログ

« 背中の疲れによる、むくみ と 痛み | トップページ | 立ち仕事と、腰痛対策 »

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




2

妊娠して5ヶ月目頃から、お尻の奥に痛みを感じ始め、7ヶ月目ぐらいになると、お尻が刺されるような痛みを訴える妊婦さんが多なります。
例えば、立ち上がりにお尻がピリピリと痛み出したり、ソファに座っていても尾底骨に疼くような痛みを感じたり、また、寝起きに身体を起こす時にお尻の奥が痛み出したり、などです。
痛みで、毎日の買い物や家事などに支障をきたすので、出産までの生活を考えると、ツラク感じます。


本来ならば、お尻の筋肉は、「縁の下の力持ち」として、忍耐強いので、痛みを感じる事は滅多にありません。
大きな筋力で支えながら、上半身と下半身をつなぎ、身体が自由に動けるようにしています。
これによって、姿勢を支えながら、太ももの筋肉と連動して、立ったり座ったり、歩行などの動作が可能になります。


しかし、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、次第に体重が増すので、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかるようになります。
しかも、お腹の赤ちゃんをかばう為に、腰と背骨で姿勢を保つような、沿った姿勢が多くなります。
これを支えるお尻の筋肉は、大きな負荷になります。


また、妊娠による体重の増加や姿勢の変化だけでなく、出産に備え、骨盤をシッカリと固定している靭帯が緩んでくる事も、お尻が痛む原因になります。
これは、靭帯が緩んでくるので、骨盤の回りの筋肉に、負荷が増す為です。
お尻の筋肉に過度の負担と緊張が生じるので、痛む原因になります。


最初の頃の症状は、腰が重く感じたり、下半身が何となくむくんだりして、ボテッとした感じです。
そして、いつの間にか、お尻に痛みを感じるようになります。
ひどくなると、お尻や太ももに、痛みを伴ったシビレを感じる事もあります。


しかも、以前に、ギックリ腰の経験のある妊婦さんは、再発し易くなるので注意が必要です。
これは、お尻と腰の動きは連動しているので、お尻の負荷が増すと、腰の神経も敏感になる為です。


この為、腰や股関節がムリ無く、動けるようにしておく事が、何より大事です。
筋肉や関節が柔らかいと、多少の圧力があっても柔軟に吸収し、身体のバランスが崩れないので、痛みが起きにくくなる為です。
お尻の筋肉の疲労や緊張を、“蓄積させない事”が、必要です



しかし、痛みを解消させようとしても、深部の筋肉が原因なので、お尻の表面に薬や湿布薬を貼っても、効果が期待できません。
あるいは、運動やストレッチによって、筋肉の柔軟性を回復させようとしても、腰や脚を動かせる範囲が、極端に少なくなっているので、動かす事が困難です。
かえって、腰やお尻に、疲労や緊張を強めてしまいます。


このような妊娠中の疲労や痛みの解消に、妊婦さん用のマッサージ治療があります。
妊婦さん用のマッサージ治療は、お腹にかかる圧を、心配しなくて済むように、横向きに寝てもらい、更に、上側の膝下にクッションを置いて、お腹が楽な状態で行います。
これによって、お腹が圧迫されず、呼吸も楽なので、リラックスしてマッサージが受けられます。



お尻の筋肉の柔軟性を回復させると、「腰の重だるさが軽減された」と言う人がいるくらい、身体のコンディション調整に効果があります。
しかも、腰や背中の筋肉の緊張が緩むので、身体全体がリラックスできるようになります。
血行の良い状態を維持する事になるので、身体の健康状態を保てるようになります。


お尻の痛みで苦しむ妊婦さんと、痛みの出ない妊婦さんの違いは、“筋肉の柔軟性と血行”です。
当院は、妊婦さん用に、安全・安心に、腰や下半身の血流改善や、筋肉の緊張解消のマッサージも行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« 背中の疲れによる、むくみ と 痛み | トップページ | 立ち仕事と、腰痛対策 »