フォト
無料ブログはココログ

« 浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸 | トップページ | 妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み »

背中の疲れによる、むくみ と 痛み

~ 本八幡( 市川市 )から、背中の疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



5

背中の痛みは、急に痛くなったという事は少なく、背中の張りやダルサから、気付いたら痛みを感じていたとか、次第に痛みに変わってきたという方が多くなっています。
この痛みの原因の中で、意外と気付かれてないのが、背中の“むくみ”から生じた痛みです。
背中の筋肉が、疲労や緊張すると、血行やリンパ液の流れが悪くなって“むくみ”が生じ、酸素が欠乏すると共に、老廃物が神経を刺激する為です


この背中の“むくみ”は、普段から運動不足の人、身体を動かす機会の少ない人ほど、起き易くなります。
背中の筋肉は、日常生活であまり動かさない部位なので、筋肉の働きが低下し易く、そのぶん循環が悪くなる事が、影響しています。
“むくみ”が背中に生じると、だるい、重苦しい、疲れる、強い凝り感など、ジッとしていられない、特有の不快感が現れます。


そして、そのままにしていると、背中のところどころに、ズキズキとした痛みが起きます。
これは、筋肉内の酸素不足から、過敏化した知覚神経を、滞った老廃物が刺激する為です
この状態になると、神経から発する痛みによって、筋肉が更に収縮するので、神経が圧迫されて、痛みが増します。


このような不快感や痛みは、首の付け根や、肩甲骨の回りに、起き易くなります
首の付け根は、首と背中の筋肉が、直接に接続しているので、頭の重さの負担が、そのまま背中の筋肉に影響を与える為です。
更に、肩に波及し、肩凝りの原因になったり、背中に重ダルサが拡がったりします。


また、肩甲骨周辺の痛みは、肩甲骨が、肩関節の土台の役割をしている事が、影響しています。
腕を使っていると、背中はじっとしていても、肩甲骨の回りに、筋肉疲労による血液やリンパ液の循環悪化が起きます。
しかも、姿勢を維持する為の、背骨付近の緊張や疲労が加わるので、不快感や痛みが起き易くなります。


背中の不快感や痛みは、休んでいても、なかなか解消しないだけでなく、ぶり返し易くなります。
これは、背中の筋肉が、大きな筋肉で構成されている為です。
大きい筋肉の弱点として、知らず知らずのうちに疲労が溜まり、気付いた時には、大きい筋肉なので、回復するのに時間がかかる為です。


しかも、肩甲骨や背骨付近は、その箇所を意識しにくいので、自分から積極的に動かしたり、的を絞ってストレッチをしたりする事が、困難になります。
無理に、運動やトレーニングなどで負荷が増すと、上半身を維持しようと働いて、かえって血流阻害と筋肉疲労を強めてしまいます。
この結果、後になってから、背中の痛みや不快感が増し、もどかしさを感じているうちに、長引かせてしまいます。


この為、筋肉に不快感や痛みが起きた場合には、その『発生箇所を確認』してもらい、緊張を緩和させる事が大事です
筋肉の柔軟性を回復させ、血行が改善してくると、“むくみ”が解消され、痛みも無くなってきます。
また、血液循環の回復によって、必要な酸素も行き渡るようになるので、疲労感も解消されてきます。


背中は、ボディラインを美しく保ち、見た目年齢を、若く維持する為にも、大きなポイントです。
背中に張りや重苦しさを感じたら、それほど激しい痛みはなくても、背中が“むくみ”始めている可能性があります。
しかも、筋肉の硬直によって、骨格のゆがみも起きるので、疲労が長引く場合には、積極的に解消する事が必要です。


背中に疲労や緊張を感じた場合には、筋肉の柔軟性を回復させ、血液やリンパ液の循環を回復させる事が大切です。
当院は、深部の凝りや痛みを取り除き、体調を整え、身体の疲労や過緊張を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸 | トップページ | 妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み »