フォト
無料ブログはココログ

« リンパの、循環改善 | トップページ | 背中の疲れによる、むくみ と 痛み »

浅い(息苦しい)呼吸、深い呼吸

~ 本八幡( 市川市 )から、胸や喉の、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



2

最近、チョッと急ぎ足で歩いたり、駅の階段を昇ったりすると、息切れを感じたりしませんか?
あるいは、カラオケに誘われて歌ってみたら、息が続かなかったり、息を吸い込んでいるうちに遅れてしまったり・・・。
もしかすると、浅い呼吸になっているのかもしれません。


浅い呼吸と言うのは、酸素の多い外気を吸っても、肺の奥に届く前に、吐いてしまう呼吸を言います。
これは、酸素を含んだ空気を吸っても、肺の一部にしか、酸素が届かない為です。
逆に、炭酸ガスを多く含んだ息を吐いたつもりでも、吐ききれず、そのまま肺に残ってしまいます。


例えば、仕事をしている時や、何かに頑張っている時は、緊張させる神経が強く働き、無意識のうちに呼吸が浅くなります。
また、仕事や家事が差し迫っていたり、気持が休まらなかったりすると、やはり呼吸が浅くなります。


そんな時に、ため息が出ます。
しかし、自然に「フ~ッ」と、数回ため息をするだけでは、あまり効果はありません。
身体が必要とする深い呼吸は、深い呼吸を繰り返し行なわないと、全身に、新鮮な酸素が行き渡らない為です。


この状態が続くと、普段の生活でも、何となく“息切れモード”となり、「最近、ダルク疲れる」とか、「休んでも、疲れがとれない」と感じます。
また、急ぐ必要があっても、走ると急激に“息苦しさ”が増すので、あわただしい事に抵抗感を持つようになります。
しかも、呼吸に関わる筋肉の働きが低下しているので、この“息切れモード”は解消されません。


この影響を最も受けるのが、たくさんの酸素を必要とする、脳です。
筋肉細胞を1とすると、脳の神経細胞はその20倍の酸素を必要とします。
脳に酸素が不足してくると、思考力が低下するだけでなく、「何となく頭が重い」とか、頭痛、眠気、集中力の低下、イライラ感、などが現れます。



ところが、このような不快感や疲労感があっても、呼吸についてまで、意識する事がありません。
息を吸えば、肺は自然に拡がり、逆に息を吐くと、自然に肺が縮まると思っています。


しかし、肺には、直接、肺を膨らませたり、収縮させたりする筋肉はありません。
肺を取り巻く筋肉の活動によって、呼吸が、可能になっています。
この為、深い呼吸が行えるようにするには、胸郭が自然に膨らんで、空気がスーと入っていけるように、肺を取り巻く筋肉の柔軟性が必要です。


この為、息苦しさや、呼吸のしにくさなど、呼吸が浅くなっている事を感じた時には、胸や背中の“呼吸筋”の柔軟性に注意が必要です。
例えば、呼吸が浅くなって、呼吸が短いサイクルになっていると、ノド周辺の筋肉や、背骨のキワが、硬くなっている事が多くあります。
特に、肩こりや背中のこりが慢性化していたり、肩甲骨を動かすとゴリゴリと音がしたりする場合は、注意が必要です。


このような状態になると、背中が凝っている感覚だけでなく、コリによって肺を圧迫して、肺が拡がらなくなるので、呼吸の苦しい感じや息苦しさが増すようになります。
浅い呼吸を解消し、深い呼吸をする為には、肺を取り巻く、肩甲骨周辺や前胸部の、柔軟性を回復させる事がポイントです。
胸や背中の筋肉が、自然に拡がって、膨らむ事ができると、それだけ肺も大きく拡がって、酸素をたくさん体内に取り込む事ができます。
そして、呼吸が楽になると、酸素が脳に十分の届き、頭がスッキリして、気分のリフレッシュ効果にもなります。


肩や背中のこりが強まり、浅い呼吸や息苦しさを感じると、リラックス感も感じられなくなります。
当院は、こりの解消をはじめ、心身がリラックスできるように、筋肉の柔軟性を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« リンパの、循環改善 | トップページ | 背中の疲れによる、むくみ と 痛み »