フォト
無料ブログはココログ

« 立ち仕事と、腰痛対策 | トップページ | 脚のむくみ や 冷え と、ブーツ »

肩甲骨の、位置ズレの、こり

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



1

長時間、前かがみでパソコン業務をするビジネスマンやOLに、肩甲骨の内側の、痛みや凝りで悩んでいる方が多くいます。
また、顔を横に向けたり、腕を大きく動かしたりすると、肩甲骨がその動きを抑えつけるようになり、更に動かすと、シビレに似た違和感を生じる事もあります。
多くの場合、一方の肩甲骨が、上側に引っ張られたり、外側に張りついてしまったりして、動きがとれない状態になっている事が影響しています。


もともと肩甲骨は、背中の肋骨の上の筋肉に、乗っかったようになっているので、上下左右かなり広い範囲で動きます。
背中の筋肉の動きを助けるだけでなく、呼吸や胸の曲げ伸ばしなど、胸側の筋肉が滑らかに動けるようにしています。
この自由度の高い動きがあるので、背中側と胸側の筋肉を、バランス良く保ち、"天然のサスペンダー"としての役割をしています。


ところが、背中の緊張が続くと、肩甲骨が本来の位置からズレて、固定されてしまいます。
例えば、デスクワークのように、背中を丸めた姿勢を続けると、収縮している側に、肩甲骨が引っ張られた状態になります。
他にも、PCのマウス作業で片腕に負荷をかけ続けたり、寄り掛かった姿勢でいたりすると、筋肉の収縮が強まり、やはり肩甲骨が、片方にズレタ状態で固定されます。


このような状態が長引くと、背中が腫れぼったく感じられたり、肩甲骨の周囲が重ダルク、感じられたりします
これは、脇の下には、リンパ節や無数の血管が集中しているので、肩甲骨周辺の筋肉の動きが制限されるので、老廃物が溜まり、脇の下から肩甲骨にかけて、“むくみ”が生じる為です。
しかも、脇の下の神経が、老廃物からの刺激や酸素不足から刺激されて、ジーンとしたシビレを感じる事もあります。


更に、腕や背中を動かすと、骨がこすれるような、ゴリゴリと音が出る事があります。
これは、肩甲骨の下の筋肉が硬くなると、接触している肋骨の形状に合わせて、“洗濯板”のようなシコリができた為です。


このような肩甲骨の位置ズレが固定化されると、背中に歪みも起きます。
この結果、休んでも、筋肉のアンバランスと、背中の“むくみ”が続くので、背中全体が腫れぼったい感じが続き、凝りや痛みが続きます。
身体がリラックスできなくなるので、気分的に不快感や疲労感が長引きます。


不快感を解消させるには、原因となっている、肩甲骨の可動性を回復させる事です。
そして、肩甲骨周囲に溜まった老廃物を、排出させる事が必要です。
肩甲骨が、左右で偏りなくバランス良くスムーズに動けるように、周囲の筋肉が柔らかく弾力を維持する事が大事です。


しかし、背中の筋肉が硬くなってしまうと、自分で、肩甲骨を動かそうとしても、なかなか動きせん。
また、喉元や前胸部の筋肉の柔軟性が失われ、回復方法が困難になります。
このような場合、肩甲骨を動かしてもらう方法(他動運動)が、即効性があり、効果的です。


他動運動によって、肩甲骨の可動性を回復させると、吊りあがった肩甲骨が本来の場所に戻り、背中の筋肉全体のバランスが回復します。
また、脇の下には"極泉"というツボがあるので、このツボを刺激して、ほぐすと、肩甲骨周辺の血液やリンパの流れが回復してきます。
硬かった肩甲骨の周りの筋肉が緩み、血行が良くなると、奥から、じんわりとほぐされてくる感触が得られます。


肩甲骨が、"天然のサスペンダー"として、自由に動くようになると、重ダルサや疲労感が解消し、腫れぼったく感じていた背中がスッキリしてきます。
当院は、背中の過緊張を解消し、肩甲骨の可動性を回復させ、凝りや痛みなどの不快感を解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                               ( 関連疾患 )

« 立ち仕事と、腰痛対策 | トップページ | 脚のむくみ や 冷え と、ブーツ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。