フォト
無料ブログはココログ

« 肩甲骨の、位置ズレの、こり | トップページ | 寒さと、関節の痛み »

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



3

ブーツは、ファッション性と共に、脚の寒さに対する、最適なグッズとして人気があります。
最近では、通気性を改善して、夏でも履けるサマーブーツもあります。
クーラーの効きすぎた部屋でも、足首を温かく保つ冷房対策として、人気を呼んでいます。


これは、足首は筋肉がほとんど無いので、冷たい外気が脚に触れると、冷気をもろに受けてしまう為です。
しかも、脂肪がつきにくいので、皮膚の下にある神経が、外気の影響をじかに受け易くなっている事が影響しています。


ところが、脚が暖かそうだと思って、ブーツを履いていたら、「足先がヒンヤリと冷たくなった!」、という事が起きています。
これは、ブーツを履くと、足首が固定されてしまい、足裏やふくらはぎの筋肉をシッカリと動かす事ができなくなって、血行が悪くなった為です
足先が冷たく感じたり、感覚がジーンと鈍ったりするので、思わず、足の指先を動かしたくなったり、足先の感覚を確認したくてブーツを脱ぎたくなったりします。


また、血行の悪化によって、ふくらはぎが張ってきて、脚がむくんだりします。
更に、腰に影響すると、腰にダルサを感じたり、腰やお尻に鈍痛を感じたりします。
このような下半身の血行悪化は、上半身にも影響するので、身体全体がダルクなったり、疲れ易くなったりするだけでなく、集中力が無くなって頭がボーっとしたりします。


このように、「暖かいはず!」と思って履いているブーツには、脚の冷えむくみの原因となる、意外な落とし穴があります。
ブーツを履いているうちに、脚の血管をギュッと収縮させてしまい、血流の低下が起き易くなります。
足先に冷えを感じる場合や、脚がダルク感じた場合には、脚や腰の、筋肉の状態をチェックする事が必要です。


例えば、ふくらはぎを触ってみて、身体の他の部分より冷たく感じたら要注意です。
また、膝から下を10秒ほど押した後に、指を離してみて、跡が残るようであれば、脚にむくみができている可能性があります。
他にも、ふくらはぎを圧迫して、硬い張りを感じたり、痛みを感じたりする場合には、自覚症状は無くても、筋肉の働きに障害が起きています。


これは、脚に、直径1㎜以下の、“ごく細い毛細血管”が、網の目のように張り巡らされている事が、関係しています。
身体の温かさを保つ為に、心臓から血液が、全身に送られていますが、心臓の力だけでは、細い毛細血管の中まで、血液を移動させたり、毛細血管から静脈に入った血液を、再び心臓まで戻したりする力はありません。
しかも、立ち仕事や座り仕事などを長時間していると、どうしても血流が低下します。


脚は、“第2の心臓”と、言われています。
これは、下半身に届いた血液を心臓に押し戻す為に、筋肉が毛細血管をもみほぐして移動させ、押し上げられた血液の逆流を防ぐ為に、血管の弁を開閉する働きを、絶えず行っているからです。
身体を移動させる働きだけでなく、下半身に送られた血液を心臓に戻す、重要な働きをしています。


この為、足先に冷たさや、脚にむくみがある場合には、脚や腰の筋肉の柔軟性を回復させ、関節の可動域を拡げて、下半身の血行を改善させる事が必要です。
下半身には、全身の70%もの血液が集まるので、下半身の血液の流れを良くする事は全身の血液の流れを良好にする事につながります。


脚には、冷えむくみに効果のあるツボが、たくさんあるので、脚のむくみや冷えが気になったら、一度は、専門のマッサージを受けてみる事が大切です。
当院は、下半身の血流改善、疲労の解消などにより、むくみや冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 肩甲骨の、位置ズレの、こり | トップページ | 寒さと、関節の痛み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。