フォト
無料ブログはココログ

« 肩甲骨の、位置ズレの、こり | トップページ | 寒さと、関節の痛み »

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




2

ブーツは、ファッション性と共に、脚の防寒対策として、最適なグッズとして、人気があります。
最近では、夏でも、クーラーの効き過ぎから、足首を温かく保つ対策として、サマーブーツを履いている人が、多くなっています。
これは、足首が、筋肉が薄く、脂肪も少ないので、冷たい外気に触れると、もろに冷気の影響を受けてしまう為です。


ところが、暖かそうだと思って、足首がスッポリと覆われるような、ブーツを履いていたのに、「足先がヒンヤリしてしまい、冷たい!」という事が、起きています。
これは、足首がギュッと固定されてしまうと、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが、充分できなくなり、血行が悪くなる為です。
また、丈が長いので、通気性が悪く、足から出た水分が、外に出ずに、こもってしまい、それが冷えると、余計、足を冷やします。


また、脚の冷えだけでなく、「脚がむくむ」、という悩みもあります。
これも、脚の筋肉が、動かしづらくなると、ウォーキング効果が得られなくなり、血液を心臓に戻す力が、低下してしまう為です。
血液やリンパ液を押し流す力が弱まるので、脚の皮膚の下に、老廃物や水分が溜まってしまいます。


このように、「暖かいはず!」と思っていたブーツが、意外な落とし穴から、脚の冷えや、むくみを、起こします。
特に、固い素材で、足首を締め付けるような、タイトなブーツを吐いていると、このような事が、起き易くなります。
靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いて、寒い中を歩いていたら、途中で、足先が冷たくなって、感覚がジーンと鈍ってしまい、思わず、足の指先を動かしたり、足の指の感覚を確かめたくなったりして、ブーツを脱ぎたくなった、みたいな事も起きてきます。


とは言っても、秋や冬のコーディネートには、ブーツが欠かせません。
やっぱり、「おしゃれとして、ブーツを履きたい!」というのが、多くの方の気持です。
となると、やはり、一日ブーツを履いた後は、脚をいたわる事が、大切です。

例えば、ふくらはぎを触ってみて、「冷たい!」と、感じたら要注意です。
更に、硬い張りを感じたり、痛みを感じたりする場合には、筋肉の働きに、障害が起きている可能性があります。
また、膝から下を、10秒ほど押した後に、指を離してみて、跡が残るようであれば、むくみの兆候です。


このような場合には、下半身の血行を回復させる事が、何より大切です。
血液の流れを回復させるには、脚や腰の筋肉の柔軟性を回復させて、硬くなっている足首や膝の関節の動きを改善する事が、重要です。
これは、冷えで、血管が縮んでいるだけでなく、筋肉の働きがスムースでなくなっている為です。


また、お尻の筋肉も含めて、シッカリとほぐす事も、大事です、
お尻は、自覚が無いまま、疲れが溜まって、冷えやすい場所の為です。
特にデスクワークが多く、ほとんど座りっぱなしの人は、お尻が、上半身の重さを、じっと受け止め続けるので、血液の循環が悪くなっています。


下半身には、全身の70%もの血液が集まります。
脚には、冷えやむくみに効果のあるツボが、たくさんあるので、脚のむくみや冷えが気になったら、マッサージ専門の治療を受けてみるのも、効果的です。
下半身の血行が良くなると、腰が楽になり、脚が軽くなって、脚の冷えやむくみが解消されるだけでなく、全身の循環も促進されます。


脚は、身体を移動させる働きだけでなく、下半身に送られた血液を心臓に戻す、重要な働きもしています。
当院は、下半身の血流改善、疲労の解消などにより、むくみや冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( virgo 市川市  ファミリー治療院 )                       ( penguin 関連疾患 )

« 肩甲骨の、位置ズレの、こり | トップページ | 寒さと、関節の痛み »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。