フォト
無料ブログはココログ

« 脚のむくみ や 冷え と、ブーツ | トップページ | 足の裏の痛み(足底腱膜炎) »

寒さと、関節の痛み

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。




2

 

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動くのが辛くなる」、という方が多くいます。
動作時に痛みを感じるだけでなく、膝や腰にダルサや鈍痛が続いたり、関節がギクシャクした感じになって、思うように動かなかったりします。
このように、身体が冷えると、関節に、違和感や痛みの出る症状を、『寒冷痛(かんれいつう)』と言います。


寒冷痛は、寒さだけでなく、低気圧が近づいてきても、痛みが、起きてくる事があります。
特に、梅雨の時期で、気圧が低下し、空気が湿ってくると、良くないようです。
これは、神経が、“筋肉をクッション”として、血管沿いに走行しているので、筋肉の状態が変化して、神経が影響を受け、痛みを発する為です。


主な原因として、運動不足や、加齢や病気などで、普段でも、関節部分の筋肉が、弱ったり、衰えたりして、“血液の流れが悪くなっている”事が、大きく影響しています。
寒くなると、体温が奪われないように、身体の外側の血管が縮むので、余計に、筋肉内の血流量が、不足するようになります。
このような時に、身体を動かすと、血液から取り込む酸素が不足し、関節部分の筋肉の、瞬発力や持久力が働かず、痛みが起きます。


更に、寒さによって、痛覚や触覚などの感覚が、敏感になっている事も、影響しています。
寒さで、筋肉が緊張するので、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて、ジンジンする感じや、シビレ感などが起きるように、神経が過敏になる為です。
関節部分にコワバリがあると、身体を動かした時に、敏感になっている神経も、強く刺激されて、思わず「アイタタッ!」と、痛みが大きくなります。


また、血行や神経の問題だけでなく、寒冷痛が起きる関節にも、問題を起こす原因があります。
例えば、肩や腰の関節のように、動かせる範囲が、比較的大きいにも関わらず、動かす事が少なくなっている場合です。
筋肉の働きが低下し、血行が悪くなっているので、寒くなると、神経が敏感になって、痛みを起こし易くなります。


また、身体を絶えず支え続けて、負荷がいつもかかる関節も、寒さで、痛みが起き易くなります。
例えば、膝や腰の関節のように、毎日の生活の中で、筋肉の緊張や疲労が続き、しかも、曲げている事が多いと、尚更です。
関節部分に、負荷が多くかかるので、寒くなると、余計に血行が悪化し、筋肉に、いつも以上の負荷がかる為です。


このような理由から、冷え性や、古傷などがあると、一段と、寒冷痛が起き易くなります
冷えたり寒くなったりすると、血行が、悪化し易くなる為です。
しかも、運動不足や加齢などで、血行が低下して、老廃物が排出されづらくなっていると、運動や動作中に、次第に神経を刺激して、痛みが起き易くなる事が、よくあります。


この為、寒冷痛には、痛む所を温めるだけでなく、関節付近の筋肉の、本来の柔軟性を、回復させる事が大切です
関節付近の、筋肉の柔軟性を回復させると、関節の動きがスムーズになるだけでなく、筋肉の硬直による、神経への刺激が減少する為です。
特に、膝や腰は、体重の負荷がかかる場所なので、関節周囲の筋肉の柔軟性を回復させると、痛みを解消させる効果があります。
しかも、筋肉の瞬発力や持久力が改善されるので、立ち上がりや座る時などが楽になり、日々の動作の不安も無くなります。


寒冷痛は、寒さに敏感になっているだけでなく、身体の不調が、原因になっています。
当院は、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( capricornus 市川市  ファミリー治療院 )                            ( pig 関連疾患 )

« 脚のむくみ や 冷え と、ブーツ | トップページ | 足の裏の痛み(足底腱膜炎) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。