フォト
無料ブログはココログ

« 膝の、裏側の痛み | トップページ | 足 ( 脚 )の 疲労回復 »

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

~ 本八幡( 市川市 )から、お尻や太ももの、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。



1

立ち上がりや、階段を上り下りすると、お尻から太ももにかけて、痛みを伴ったシビレや、違和感が起きる事があります。
このような状態になると、普段から、お尻から太ももの裏にかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりします。
しかし、腰には、ハッキリとした痛みが出ません。


このような症状の場合、坐骨神経痛の可能性があります。
坐骨神経は、お尻から太ももの裏側、そして、ふくらはぎの後面に続く、かなり太くて、長い神経です。
下肢の要になっている神経で、歩いたり、転ばないようにバランスをとったりする以外にも、皮膚感覚も担当しています。


ところが、疲労や緊張などで、お尻の筋肉が硬くなると、この坐骨神経が圧迫されて、痛みやシビレなどの神経症状を起こします。
坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、このような、お尻の筋肉の緊張タイプが、90%以上と言われています
実際には、お尻の最深部にある筋肉で、「梨状筋」と呼ばれる筋肉が、硬くなって影響を及ぼすので、「梨状筋症候群」とも呼ばれています。


例えば、妊婦さんのように、お腹が大きくなると、姿勢を維持する為に、腰から下に負荷がかかったり、筋力が弱まったりすると、この痛みが起きます。
また、長時間の車の運転で、アクセルやブレーキの操作を繰り返しているうちに、操作側のお尻が痛くなる事もあります。
他にも、休日のランニングやハイキングなどで、お尻に疲労や緊張が高まって、痛んだりします。


始めは、チョットした違和感程度なので、「そんなにひどい痛みでもない」とか、「歩けないような痛みではない」と感じ、気にする事はあまりありません。
ギックリ腰のように、突然、激痛が走る事がありません。
湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じるので、軽く考えがちです。


しかし、お尻の筋肉は、身体を支える為に、座っていても働き続ける筋肉です。
この結果、絶えず緊張や疲労が続くと、症状が次第に下半身全体に拡がり、お尻や腰が重ダルイ感じになってきます。
そして、しばらくしているうちに、特定の姿勢をするとピリピリと感じてきたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだりします。


特に、運動不足や冷えで、下半身の血行が悪化していたり、毎日の生活や仕事でストレスがあったりすると、症状が強まります。
このような時に、長時間の中腰や立ち仕事で、腰やお尻に、強い疲労や緊張が続くと、症状を悪化させます。
しかし、お尻から下に伸びる神経なので、腰には痛みが出ないのが特徴です。


この為、お尻の痛みやシビレ感に気づいたら、早いうちに、お尻の緊張を解消させる事が肝心です。
更に、お尻の筋肉だけでなく、太ももの筋肉や腰の筋肉も硬くなっているので、これらの筋肉も、柔軟性を回復させる事が必要です。


しかし、お尻の筋肉は、自分でストレッチをしても、なかなか解消効果が現れづらく、ストレッチや運動によって、更に負荷を掛ける事になって、痛みが増す事もあります
このような場合、マッサージ治療が、即効性があり、解消度合が高い治療法です。
筋肉の柔軟性を回復させるだけでなく、血行も改善するので、筋肉の本来の状態に戻して、痛みが早く解消できます。
症状を起こす原因が、筋肉の疲労や緊張であったり、血行の悪化であったりした場合には、マッサージ治療が効果的です。


座りっぱなし、立ちっぱなし、長時間歩き回る、などが多い場合は、お尻の筋肉にも、注意が必要です。
当院は、マッサージ治療によって、筋肉の緊張緩和や、循環改善によって、筋肉や神経の疼痛解消を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                          ( 関連疾患 )

« 膝の、裏側の痛み | トップページ | 足 ( 脚 )の 疲労回復 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。