フォト
無料ブログはココログ

« 足 ( 脚 )の 疲労回復 | トップページ | 変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性 »

猫背 の 矯正(マッサージ+他動運動)

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




1

見た目の印象は、最初の数秒で決まると言われています。
特に、姿勢によって、印象が良いのと悪いのでは、ビジネスのチャンスも、出会いのチャンスも大きく異なってしまいます。
姿勢という文字も、「姿」と「勢い」と書くように、身体の構え方や構えを示しています。


例えば、背筋がピンと伸びていると、プロポーションや動作が魅力的に見え、しかも、自信があるように見えます。
また、姿勢がいいほど、腹の底から力強い声が出せるので、自信があるように話せて、人を納得させるパワーを持ちます。
この結果、周りの人に好印象を与えるだけでなく、社会的信用にまで影響を及ぼします。


反対に、猫背で、背中が丸まってしまうと、デメリットとして、まず見た目の悪さです。
うなだれているようで、活気が無いように見えます。
同じような年齢が集まっても、精彩が無く、格段に老けて見えてしまいます。


しかも、姿勢が悪いと、身体的にも、腰痛・膝痛・肩こりなどに悩まされます。
慢性的に身体が傾き、重心の片寄りが続くので、疲労が蓄積され、身体全体の変調につながってしまう為です。
また、顔や目線が下を向いたままの姿勢で、首を上げている状態が続くので、ストレートネックの原因にもなります


猫背は、長年の日常生活の癖が、原因になっています
身体自体が、①頭が前に出て、②肩が前に出て、③骨盤の後傾(立つとポッコリお腹)の状態になります。
特に、いわゆる“巻き肩”と云われるように、胸がクボミ、肩関節が前方に突出し、肩甲骨が肩側に移動したままになります。


このような猫背は、姿勢を正そうとすると、かえって、辛くかんじたり、息苦しくなったりします
これは、背中の筋肉が固まってしまったり、背骨の関節の動きが悪くなったりしているので、回復させようとしても、“ロック状態”になっている為です。
しかも、筋肉を伸ばそうとしても、猫背による“防衛反応”を起こし、“抵抗”を受けているようになります。


この結果、治そうとしても、自分一人だけの努力では、なかなか元に戻りません。
しかも、身体の中で、一番目に付く部分は上半身ですが、背中側は、自分では見えないので、知らず知らずのうちに、身体のラインが崩れます。
この為、最初は、施術者やトレーナーに、今までの猫背の歪みを治し、背筋が伸びるようにしてもらったほうが、実際的で、効果的です


例えば、病院のリハビリ治療では、自分の力で動かす『自動運動』、他者の力で動かす『他動運動』を使い分けています。
この使い分けによって、患者のレベルに合った、関節の可動訓練を可能にしています。
猫背の解消も、最初は、他者の力で動かしてもらう『他動運動』を受けたほうが、効果的です。


例えば、痛みを伴わないように、マッサージで筋肉の硬直を解消させ、関節の可動域(動かせる範囲)を回復させます。
そして、必要に応じて、「イタ気持ちのいい」範囲で伸ばして、適度に伸びた所でキープする事を、繰り返します。
これにより、身体がリラックスした状態で、抵抗感が無く、筋肉の“ロック状態”を解消させる事ができます。


この方法により、自分で動かしづらい、筋肉の柔軟性や、関節の可動域を、回復させる事ができます。
しかも、筋肉の柔軟性を回復させるだけでなく、血液やリンパの流れの滞りによる、背中の“むくみも”解消させられます。
また、肩甲骨の動きが自由になるので、圧迫を受けていた胸部も楽になり、気分的にもスッキリします。


自分で、ストレッチで回復させる事が難しい場所は、『他動運動』の利用が有効です。
当院は、肩凝りや疲労回復などの治療を含め、猫背や身体の歪みなどの、姿勢改善の治療も行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )
                                             ( 関連疾患 )

« 足 ( 脚 )の 疲労回復 | トップページ | 変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。