フォト
無料ブログはココログ

« 腰痛の 前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる、動かしにくい) | トップページ | 脚(足)が、むくむ (脚太りと、むくみ) »

男の 冷え(ストレス性の冷え)

~ 本八幡( 市川市 )から、冷え・疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~


2

最近、精神的なストレスによる、男性の冷えが増えています。
調査によると、成人男性の約3人に1人が、手足の冷えを感じています。
しかも、身体の冷えと共に、疲れ易い、体力が落ちた、疲れがとれないなど、疲労感が増したり、睡眠不足や腰痛、肩こりといった体調不良に悩まされたりします。


従来、男性も40~50代になると、冷えが起きても、男性ホルモンの分泌減少や老化現象などから、やむを得ないと思われていました。
筋肉量が減るので、体熱が作られにくくなり、しかも、血液が流れづらい脂肪が増える為です。
また、この年齢になると、習慣的な運動やトレーニングなどをする機会が少なくなるので、尚更です。


ところが最近、血行不良による冷えが、多くなってきました。
これは、日中のほとんどを、パソコンの前で過ごす事で多くなり、運動不足と共に、過労やストレスなどで自律神経の乱れを起こし易くなった為です
『ストレスで交感神経が高ぶる→血管が収縮する→血流が適正に行き届かなくなる…』という状態になり、冷えを誘発します。


この結果、若い男性の間にも、冷えで悩む男性が多くなってきました。
特に、職場や人間関係などで、さまざまなストレスを多く抱えるほど、心を強く持とうとする働きが強くなるので、冷えが起き易くなります。
この為、会社で、ものすごいストレスを抱えているにも拘わらず、自分を気遣う暇もなく、仕事優先でこなしている男性に多くなっています。


ところが、身体が冷えていても、自分で感じない、自覚してないケースもあります。
いわゆる“隠れ”冷え性です。
これは、本来温かいはずの、身体の中心部や内臓が冷えているので、自覚が無い為です。


しかし、自覚が無くても、血行が悪化するので、身体が疲労し易くなったり、腰やお腹周りに脂肪が付き、下半身が太ったり、脚がむくんだりします
また、血行不良になっているので、内臓の調子も悪くなります
例えば、何となく身体がだるい、胃腸の調子が悪い、引いた風邪が長引く、肩こりや頭痛、などの不快な症状が多くなります。


更に、身体の状態が悪いので、精神的にも影響を及ぼし、理由もなくいつもイライラしたり、ちょっとした事でも、すぐにカーッとしたり、怒りっぽくなったりします
これは、冷えによる慢性的な不快感が続くので、神経も過敏状態になり、忘れる事の出来ない気持ちや感情が起きると、身体に刻み込まれ易くなる為です。
そして、感情の発散や解放が出来なかったり、不快な感情の行き場が無くなったりすると、爆発してしまいます。


このような冷えの対策には、身体の血行を改善し、自律神経の障害に伴う身体の不調を、一つずつ改善する事が大切です。
筋肉内に走行している血管は、筋肉の柔軟性を回復させると、反応が早い性質があるので、働きが活発になり、血行が促進されます。
これは、筋肉が、血液を押し出すポンプのような働きをしている為です。


特に、下半身には、全身血液の70%が集まるので、下半身の筋肉の柔軟性を回復させると、下半身だけでなく、全身の血行も改善されてきます。
また、首の内側には、自律神経が通っているので、首周囲が緊張してくると、神経を圧迫し不調の原因になるので、首や肩の筋肉もチェックを行い、しっかりと緊張を緩める事が必要です。
首周囲の筋肉の緊張が緩むと、呼吸が楽に感じられるようになり、精神的な緩和作用につながります。


冷えの対策には、食事や運動だけでなく、首周囲や下半身の筋肉の状態にも、注意する事が大切です。
当院は、こりや疲労の解消や、心身のリラックスを図り、冷えの改善を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                                        ( 関連疾患 )

« 腰痛の 前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる、動かしにくい) | トップページ | 脚(足)が、むくむ (脚太りと、むくみ) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。