フォト
無料ブログはココログ

« 変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性 | トップページ | 男の 冷え(ストレス性の冷え) »

腰痛の 前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる、動かしにくい)

~ 本八幡( 市川市 )から、腰の、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~




1



ジッと座っていても、下半身に重ダルサが増したり、腰の奥から鈍痛を感じたりする事があります。
このような時に、身体を動かすと、腰に強いコワバリを感じたり、何かの拍子に、痛みを誘発させてしまいそうな、予感がしたりします。
このような気になる腰の違和感は、腰痛が起きる前の、前兆(まえぶれ)の可能性があります。


これは、腰が、骨盤の上に、背骨に続く骨があるだけで、周囲を“筋肉”で、シッカリと支える必要がある為です。
臓器が入っているので、ポッカリと空洞のような構造になっています。
この為、何層にもなっている分厚い筋肉で、“天然のコルセット”のように、内部を保護し、上半身を支えています。


ところが、疲労や緊張などで、腰の負担が増すと、“天然のコルセット”に、負荷が増します。
そして、許容できる範囲より、負荷が多くなってしまうと、柔軟性が失われて、“ツッパリ感”や“重ダルサ”を感じるようになります
老廃物が溜まり過ぎて、必要な酸素や栄養が不足してくるので、筋力が弱って、“天然のコルセット”の維持が難しくなる為です。


この警告サイン中に、急激な動きをしたり、大きな負荷がかかったりすると、耐えきれなくなって、痙攣を引き起こします。
いわゆる“ギックリ腰”です。
“こむら返り”と同じ現象で、筋肉が強烈に縮むので、激痛と共に動けなくなり、更に横隔膜も縮んで、声が出せなくなます。


この為、腰に、ツッパリ感やダルサなど、腰の硬直感や違和感に気付いたら、早目の対応が大切です。
これは、腰の筋肉が、何層も分厚い筋肉で構成されているので、それらの筋肉が硬直してしまうと、血行滞りや、疲労物質の排除が、なかなか解消できなくなる為です。
そのままにしていると、筋肉の働きが弱ったまま、血流が悪化し、慢性化してしまいます。


負荷が増して“ギックリ腰”を起こしてしまうと、安静を保つ事が、何日も必要になったり、治りきる迄に時間がかかったりします。
その間、身体を動かすと痛みが増すので、何気ない動作でも、精神的にも、人に分かってもらえないツラサを感じるようになります。
しかも、腰の柔軟性を回復させようと、腰や股関節の関節を動かしたり、筋肉を伸ばしたりすると、かえって緊張を強めてしまい、痛みを増してしまいます。


腰の硬直感や違和感は、腰痛の起きる前兆です
自分でも気づかないうちに、腰やその周りの筋肉に、疲労やストレスが蓄積された、警告サインです。
この為、腰痛は、病院で検査を受けても、画像検査ができないので、85%が原因不明になっています。


腰痛を起こす原因は、肉体的な疲労や緊張だけでなく、ストレスも大きな原因になっています。
ストレスと言うと、心理的なものというイメージですが、ストレスが長引くと、血流が滞り、筋肉の柔軟性が失われて、筋力の低下につながる為です。
この結果、体重のバランスを絶えずとっている腰に、大きな負荷となって、腰痛を起こす原因になります。


この為、腰に違和感が起きた時は、まずは、腰の筋肉に、必要な酸素や栄養が行き渡らせる為に、血行を促す事が最優先になります。
血液循環を促し、筋肉の柔軟性を回復させてから、リラックスした状態で、筋肉の活力を回復させます。
また、腰は、お尻や背中にもつながっているので、それらの筋肉の状態を確認して、筋肉の疲労と緊張を解消させる事も大切です。


腰に、「何か嫌な感じがする」、「動きが悪い」、「痛みを感じる」などがあったら、警告サインです。
当院は、痛みや不調の予防に、身体の緊張解消や循環改善など、体調管理の為の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]でも、お受けしています。


( pig 市川市  ファミリー治療院 )                                  ( virgo 関連疾患 )

« 変形性膝関節症の、運動療法と筋肉の柔軟性 | トップページ | 男の 冷え(ストレス性の冷え) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。