« 土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎) | トップページ | 頭(脳)の疲労と、『飽きる』『眠くなる』『疲れる』のサイン      »

息苦しさ、つまり感、首の前のコワバリなどの、喉(のど)の、こり

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~



3

【 喉のこりの正体 】

「喉の奥が狭まった感じがする」、「喉元が詰まったような感じ」、「喉のコワバリで呼吸しづらい」などで、気になっている方がいます。
このような、不快感や違和感は、本人にしか分からない不快感ですが、原因として、“首の前側の筋肉の凝り”が、影響している事があります。
筋肉の凝りによる圧迫から、人によっては、「喉が、締め付けられる感じがする」とか、「首スジを、喉の筋肉で支えている感じがする」と、感じる人もいます。


通常、凝りと言うと、首や肩の、背中側の筋肉の凝りが、よく知られています。
ところが、首や肩に、疲労や緊張が増すと、背中側だけでなく、喉の横や前側の筋肉にも、波及します。
この結果、喉付近の筋肉の柔軟性が無くなって、硬くなると、喉元に、“閉塞感”や“コワバリ”を感じるようになります


中でも、喉近くに伸びている筋肉で、『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉が、喉の違和感に、大きく関係しています。
この筋肉は、左右の耳の下から、喉の近くを横切って、鎖骨の内側に伸びている筋肉で、顔を横に向けた時に、首の横に現れる筋肉です。
筋肉の働きとして、頭を前や横に倒したり、左や右に廻したりする筋肉ですが、大きく息を吸ったり吐いたりする時にも、この筋肉が使われます。


ところが、この胸鎖乳突筋は、喉の近くを横切っているので、オーバーワークの状態になると、喉元がツッパッタように感じられてきます。
よくある例が、デスクワークなどで、前かがみの姿勢を続けているうちに、首の後ろ側の筋肉が疲労して、頭を支える力が弱ってきた場合です。
頭を支える筋力を補う為に、次第に、胸鎖乳突筋が、頭を“あごで支える”ように動員されるようになりますが、胸鎖乳突筋が疲労し、硬くなってくると、喉の近くを横切って通っているので、喉元に違和感が生じるようになります。


また、呼吸を、強く繰り返す場合も、この筋肉の硬直を、引き起こします。
例えば、息を吸ったり吐いたりする吹奏楽器の演奏、喉から声を出すような発声の繰り返し、風邪や花粉症によって咳が続いた場合、などです。
この他、歯ぎしりや、強い噛み締めなどの場合にも、喉元の筋肉の強い収縮が繰り返されるので、喉の違和感を引き起こします。



【 喉元の圧迫から 】

また、喉元の違和感だけでなく、体調不良を起こす事があります
これは、首に、内臓の動きや呼吸など、身体のあらゆる働きをコントロールしている、自律神経が通っているからです。
特に、胸鎖乳突筋を収縮させる神経が、自律神経と密接にかかわっているので、この筋肉の過緊張が続くと、自律神経の働きにも、支障を与える事にもなります


例えば、胸鎖乳突筋が緊張して硬くなると、首や肩の凝りが強まって、頭が重い、頭痛、微熱、気温に関係なくよく汗をかく、などが起き易くなります。
また、、喉元の圧迫から、内臓関係では胃腸の低下を起こし、食欲が落ちたり、便秘気味になったりします。
そして、うつむいた姿勢になるので、精神的に、集中力が続かない、疲れが取れない、イライラする、眠れない、気分が落ち込む、などが起き易くなります。


このような、身体に様々な不調を及ぼしかねない、胸鎖乳突筋の、硬直程度を調べる方法が、いくつかあります。
一番簡単なのが、椅子に座って、顔を、交互に左右に振り向ける方法です。
胸鎖乳突筋が緊張していると、「首が回らない」という慣用句があるように、振り向きづらくなります。


また、別の方法として、アゴの骨の下側や、喉の周辺を、押さえてみる方法もあります。
痛い場所や、コリコリしている場所がある場合は、凝っている場所です。
しかし、喉の凝りが原因になっているので、食事は、支障無く食べられます。



【 注意が必要な首の治療 】

首の凝りは、自分でも確認できますが、セルフマッサージでは、なかなか解消できません。
これは、首の筋肉は、他の筋肉と違って、浅く、薄くなっているので、強く刺激し過ぎない事が大切ですが、不十分だと効果が出ない為です。
また、喉元は、太い動静脈や、生命を維持する神経が通っているので、デリケートな注意も必要です。


首周辺の治療には、触診の正確さと、力加減の調節が、非常に重要になります
この為、診断と治療の経験のある治療院で、有資格者によるマッサージ治療を受ける事を、オススメします。
首廻りのコワバリが、解消されると、呼吸が楽になって、空気が自然に肺に入るように感じられ、しかも、気分がスッキリしてくるので、身体がリラックスしてきます。


また、首には、有効なツボがあるので、その箇所を選んで、刺激する方法もあります。
気になる箇所を見極め、効果的なツボを刺激する事で、不調の改善が高められます。
疲労や緊張で、すでに首がこっている方はもちろん、首こりの予防にもなります。


喉に凝りを感じる場合は、気が付かないうちに、首に、疲労や緊張が蓄積してきた為です。
当院は、首や肩だけでなく、首周辺や喉の筋肉の、疲労や緊張解消の、マッサージ治療も行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、左上の[メール送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                   ( 関連疾患 )

« 土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎) | トップページ | 頭(脳)の疲労と、『飽きる』『眠くなる』『疲れる』のサイン      »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
無料ブログはココログ