« 景品や、賞品に、マッサージ券を | トップページ | 疲労感の解消と、熟睡する為のコンディション作り »

2018年10月31日 (水)

中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、こむら返り・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~

2

 

【 中高年以降の筋肉の働きの低下 】

若い頃は、たいして気にしていなかった、こむら返りに、中高年以降になってから、何かのキッカケで、たびたび起きるようになり、悩まされる事があります。
例えば、急ごうとして小走りをしかけた時や、棚に物を載せようと爪先立ちをした時に、思わず脚がつりそうになります。
しかも、寝ている最中に、いきなり脚がつったりするのが繰り返して、なかなかこむら返りが解消しなくなったり、痛みや違和感が、翌日まで残ったりします。


これらは、年齢が増すと、次第に筋肉の柔軟性を失って、硬くなるので、筋肉の収縮や弛緩の反応が鈍って、『筋肉の異常収縮』が起き易くなるからです
20歳代の筋肉量を100とした場合、定期的に運動をしていないと、以後10歳ごとに、おおよそ約10%ずつ、筋肉量が低下すると、言われます。
これによって、筋肉は、目に見えないところで弱くなり、筋肉の働きが低下するので、急にふくらはぎに力を入れると、こむら返りが起き易くなります。


また、筋肉の働きが低下してくると、下半身の血液の循環させるポンプ機能も低下するので、この事も、『筋肉の異常収縮』を、起き易くさせます。
血液循環のポンプ機能が低下すると、何気ない活動をしただけでも、疲労が蓄積し易くなる上に、筋肉や神経の動きを調整しているミネラルやビタミンなどの栄養分の補給が、うまくいかなくなる為です。
これらの為に、神経のセンサーに異常が起き易くなって、こむら返りが起き易くなります。


この為、血圧や血糖値が高めになっていると、血液循環を低下させて、脚がつるリスクを高めます。
毛細血管の壁が、厚く、硬くなる為です。
それほど身体が疲れていないと思っても、血液を送り出す力が弱まっているので、ふくらはぎの筋肉の柔軟性を失い、常に張った状態になるので、こむら返りが起き易くなります。



【 中高年の運動不足 】 

更に、中高年以降、運動をする機会が無くなったり、しなくなったりすると、『筋肉の異常収縮』に、拍車をかけてしまいます
運動不足が続くと、筋力や体力の低下だけでなく、筋肉の反応を鈍らせてしまうからです。
しかも、毎日の疲れが重なったり、いつもと違う作業をしたりすると、精神的な疲労や緊張によっても、『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。


この結果、チョッとした作業や、少し立ち仕事をしただけでも、こむら返りが起きてしまいます。
特に、腰が“重ダルク”感じている場合には、こむら返りのリスクが高まります。
腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなって、血行が悪化している為です。


このような状態になっていると、仰向けに姿勢で寝ている時に、こむら返りが起き易くなります。
足先に上から布団の重みが加わると、足先が少し伸ばされた状態になり、これによって、ふくらはぎの筋肉が、縮んだ状態になる為です。
就寝中に起きる、こむら返りは、このパターンが多くなっています。


また、高齢になると、持病を持つ事が多くなる事も、影響します。
体調が変化し易くなるので、神経が過敏になり、『筋肉の異常収縮』が起き易くなるからです。
更に、脚の疲労や緊張が強く残っていたり、寝ている間、脚が冷えたりすると、余計に、神経の異常反応が起き易くなります。



【 重要な体調管理 】

この為、中高年以降になって、こむら返りを、繰り返したり、痛みが酷くなったりする場合には、普段の体調管理が重要です
こむら返りの多くが、病気との関連性があまり無いので、これといった治療法が無い為です。
中高年以降の、こむら返りは、疲れや精神的なストレスによる、体調不調のサインと言えます。


この為、脚が冷えないように、就寝前に風呂に入る事や、ふくらはぎのマッサージやストレッチなどの、日常の体調管理を勧められます。
病院やクリニックに行っても、筋肉の緊張を和らげる漢方薬の処方を受けるのが一般的で、症状によって、筋弛緩薬や湿布薬が処方される程度です。
体調管理が、最適な予防や解消法になります。


また、中高年以降になると、腰や骨盤に変形が起きて、神経のセンサーに異常が起き易くなります。
この為、腰や脚に疲れを感じたら、下半身の筋肉の疲労や緊張を解消させ、血行を改善しておく事が大切です。
腰から足にかけての、血行の改善や、筋肉の柔軟性を回復させ、神経の異常な反応が、起きないようにする事が必要です。


このような、筋肉の柔軟性や血行の回復に、マッサージ治療が最適です。
更に、ツボ刺激を併用すると、腰から足にかけての、神経の過敏解消に効果的です。
ズーンと重く押されているような感覚や、軽くジーンと響くように感じ、緊張を解消させます。


中高年以降になると、こむら返りの対策に、体調管理が重要になります。
当院は、血流の改善や硬直した筋肉の回復を図り、体調の維持の為の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールの送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                        ( 関連疾患 )

« 景品や、賞品に、マッサージ券を | トップページ | 疲労感の解消と、熟睡する為のコンディション作り »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ