« 慢性的な 凝り(こり)や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »

2018年11月21日 (水)

首凝り(こり)やストレートネックによる、肩・腕への、しびれや痛み( 神経根圧迫 )

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、神経根圧迫・ストレートネック・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~

3

【 首から肩・腕への、しびれや痛み 】

何気なく見上げた時や、深呼吸をしようとした時に、首すじから肩にかけて、急にジーンとした痛みを感じ、身体の異常に気付かされる事があります。
これは、首の“過緊張”や“凝り”が酷くなると、首を反らした時に、首の骨から出ている神経の出入口(神経根)を圧迫して、神経症状を引き起こした為です
もともと、首の神経の出入り口が、背骨や腰に比べて、狭くて、すき間がほとんど無いので、症状を起こし易くさせています。


この症状で、よく引き合いに出されるのが、『強い肩こり女性と、美容院のシャンプー時の仰向け』の話です。
「シャンプーをする時に、座ったまま、椅子を後ろに倒されるので、長くなると、肩凝りが強まって、神経を刺激して、しびれや痛みが起きる」、という教訓です。
西洋では『イタリアのフィレンツェの壁画や天井画を見た観光客に、至福感と共にめまい,失神が起きる』という、同じ意味合いの話があります。


この首の神経根圧迫は、そのままにしていると、慢性化してきます。
首が、常に上から、重さ5~6キロの頭によって押しつけられているからです。
この為、次第に神経障害が悪くなって、痛みやしびれが激しくなる事もあります。


しかも最近、PCやスマホの普及によって、覗き込む姿勢”が多くなり、この症状が増えています。
「アゴを突き出す」 → 「頭が後ろに反る」 → 「首の後ろの筋肉が強く緊張」、となるからです。
始めは、首のしびれや痛みを感じる程度ですが、そのうち、腕、肩、前胸部、肩甲骨の内側、後頭部に痛みを生じたり、頭痛を引き起こしたりします。


特に『ストレートネック』の状態になると、首の自然な湾曲が失われて、首が前方に、真っすぐに突き出た状態になるので、首の筋肉への負荷が増します。
この為、PCやスマホで、少し作業していただけでも、首の筋肉の“凝り”や“過緊張”が増したり、神経症状が現れたりします。
他にも、くつろいでテレビを見ていたり、本を読んだりしていても、首の負荷から、悩まされるようになります。



【 保存治療法 】

解消させるには、首の筋肉の緊張を解消させ、神経の出口付近を、元の状態に回復させる事が必要です。
整形外科を受診すると、原因となっている首の過緊張や凝りは、特別な病気や怪我ではないので、保存治療(首の状態の安定)が、中心になります
患者に、首を後方へ反らせないように指導し、薬物療法として、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミン剤などを処方し、設備がある所では、首の牽引や電気刺激などが行われます。


しかし、首の“過緊張”や“凝り”から、内部に硬結(しこり)ができていると、なかなか解消されません。
首や肩、背中のストレッチや運動をしても、硬結(しこり)が消えません。
首の神経根付近の筋肉が、神経症状によって過敏になり、筋肉の硬直が解消されなくなる為です。


しかも、デスクワークをしていると、書類やPC画面を見る動作を、何度も繰り返すので、知らず知らずのうちに、首の筋肉に負荷が生じます。
特に、『ストレートネック』だと、首の負荷が大きくなります。
この結果、仕事や家事をしていると、どうしても、首の負荷が避けられません。


また、疲労してくると、背中の筋肉がしっかりと働かなくなり、首の筋肉の“凝り”や“過緊張”を強めます。
そして、イライラしたり、ストレスが強まったりすると、首の筋肉は、精神的な緊張に強く影響されるので、首の筋肉に硬直が起き易くなります。
この結果、治療をずっと続けていても、なかなか改善効果が現れなかったり、治療にかなり日数を要したりします。



【 東洋医療のマッサージ治療 】

このような、筋肉の凝りの解消には、患部の筋肉を確認し、柔軟性を回復させる、マッサージ治療が適しています。
特に、首の施術の場合、重要な神経や血管が通っているので、安全性や安心感のある東洋医療系のマッサージ治療が向いています
この為、首こりから生じる、緊張型頭痛、めまい、自律神経失調症、ムチウチなどで、多くの実績があります。


もともと、東洋医学は、いろいろなタイプの慢性的な凝りや痛みに、身体の状態を把握しながら、安全に、改善を図ってきました。
首の神経根の圧迫解消でも、首や肩の治療だけでなく、首への圧力が自然に分散されるように、上半身の状態も診断して、施術を行います。
特に『ストレートネック』の場合には、首の自然な湾曲を取り戻す事が重要なので、上半身全体の診断と施術が必須になります。


更に、首の後ろには、自律神経の一つ、リラックスに関わる副交感神経を代表する『迷走神経』の働きを促すツボがあるので、ツボ刺激が重要です。
神経圧迫の除圧となり、神経の出口の緊張を緩和させ、血行が良くなり、凝りをほぐす効果があります。
これにより、早期に、効果的に、首からのしびれや痛みを解消させる手段になっています。


首の“過緊張”や“凝り”があると、神経症状の原因になります。
当院は、東洋医療を基にして、首周辺の機能を回復させ、鎮痛治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールの送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                          ( 関連疾患 )

« 慢性的な 凝り(こり)や 痛み と、トリガーポイント | トップページ | 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない? »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ