« 中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策 | トップページ | 片頭痛(偏頭痛)の予兆と、つらい肩こり症状 »

2018年11月 3日 (土)

疲労感の解消と、熟睡する為のコンディション作り

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~

3

【 肉体的疲労と、精神的な疲労 】

身体の疲労が、いつまでも続くと、「身体が重い…」、「妙に身体がダルイ」、あるいは、「寝ても疲れが取れない」、などが起きてきます。
しかも、仕事で悩まされたり、家庭で気がかりな事があったりすると、余計に身体の疲労が増し、精神的な疲労感も強まります。
こうなると、身体にまとわり付く疲労感から、勘違いやウッカリミスが、多くなるだけでなく、仕事に身が入らなくなってしまいます。


このような人が感じる疲労は、分類すると、大きく2つに分けられます。
一つが、身体が実際に感じる、“肉体的”疲労です。
筋肉を動かすエネルギーが不足したり、筋肉に疲労物質が溜まったりすると、疲労として感じ、身体に痛みや、圧迫されたような重み、動かしにくい、などを感じます。


二つ目が、ダルサや倦怠感などが起きる、“精神的”な疲労です。
肉体的な疲労があまり無くても、内心、気が進まなくて「やりたくない!」と思っていたり、苦手意識があったりすると、精神的な疲労が増します。
これは、精神的なエネルギーには限りがあるので、長時間のデスクワークや人間関係などで緊張状態が長く続くと、エネルギーを使い果たしてしまうからです。


そして、この2種類の疲労は、互いに影響し合います
身体の機能をコントロールしている脳や自律神経が、オーバーワークになると、肉体と精神の両方の安定性が失われて、不調状態を起こしてしまう為です。
この結果、“肉体的”疲労の、頭痛や肩こり、腰の痛み、頭痛、微熱などに、“精神的”疲労の、イライラ、憂うつ、怒りっぽくなる、などが、合わせて起きます。



【 疲労による、飽きる、疲れる、眠くなる 】

これらの、肉体的疲労や精神的な疲労が起きる前に、「飽きる」、「疲れる」、「眠くなる」が、現れます。
これは、脳から、「これ以上は危険だ、休みなさい」という、アラームです。
脳内の処理が増大してしまい、正常な働きができなくなってしまうので、これ以上、身体の機能をコントロールしている脳や自律神経を、消耗させないようにする為です


それでも、これらのアラームがあっても、若い頃ならば、体力や気力で、乗り切る事が出来ます。
しかし、中高年以降になると、疲労を回復させる力が弱まるので、身体や脳の調整力や、疲労の解消力が、若い頃に比べ十分に働きません。
また、仕事や家庭での、責任が重くなっているので、最後までやり続けねばならないので、精神的なストレスが増すようになります。


中には、心身が疲れてくると、“逆張りの健康法”を思いつき、疲れた身体を、「運動でリフレッシュさせよう!」と、考える人もいます。
確かに、運動をすると、ドーパミンやアドレナリンなどの快感や興奮を与える物質が脳全体に作用するので、一時的に疲労感がとれたような気になります。
しかし、運動に頑張ってしまうと、かえって、疲労を感じにくくさせたり、疲労を増やしたりしてしまい、逆効果になります。


「飽きる」、「疲れる」、「眠くなる」は、脳や自律神経の働きを守る為に、発せられるアラームです。
仕事のパフォーマンスを発揮するには、脳を疲れさせない事が何よりも大切です。
疲れのアラームサインを見逃さずに、脳をいたわる事が大切です。



【 熟睡する為のコンディション作り 】

疲労を取る、最も効果的なのは、睡眠を取る事です。
しかし、中高年以降になると、体内に必要な物質を取り入れ、必要のなくなった物質を体の外に出す、新陳代謝が遅くなってくるので、回復力が落ちてきます。
しかも、疲労が続くと、身体や精神に、負荷がかかった状態になるので、」なんかなか寝付けない」とか、「熟睡できずに眠りが浅くなる」、といった状態になります。


この為、特に忙しい人ほど、疲労回復が実感できるように、“眠れる為のコンディション作り”が、大切です
このような“眠る為のコンディション作り”に、東洋医療系のマッサージが、効果的です。
これは、東洋医療が、身体の状態を把握しながら、硬くなった筋肉の緊張解消、血液・リンパの循環改善、気分の回復など、体調不調の改善を目的としているからです。


例えば、身体の硬くなっている箇所の回復や、違和感のある箇所の解消をしておくと、不快感が無くなって、快適に眠れるようになります。
また、身体の不快感が無くなる事によって、精神的な疲労も解消されるので、よりスムーズな入眠と熟睡をもたらす効果があります。
更に、体調を整え、心身を落ち着かせる方向に作用すると、心の落ち着きや平穏、そして、頭の記憶の定着や整理も良い効果を与えます。


日々仕事に追われている人や、中高年以降の人にとって、現在は、今迄以上に、健康でいる為の自己管理が求められています。
当院は、東洋医学をベースにしたマッサージで、心身のリラックスを図り、健康維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールの送信]、または[電話]で、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« 中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策 | トップページ | 片頭痛(偏頭痛)の予兆と、つらい肩こり症状 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ