« 緊張型頭痛と、東洋医療 | トップページ | 慢性的な 凝り(こり)や 痛み と、トリガーポイント »

2018年11月14日 (水)

疲労や緊張による、めまい症状 (ふらつきめまい)

~ 本八幡 ( 市川市 ) から、めまい・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~

1

 

【 クラクラめまい、フラフラめまい 】

しゃがんだり、立ち上がろうとした時に、目の前が“クラクラ~”としたり、歩いている途中に、急に頭が“フラフラ~”としたりする事があります。
まるで、身体のバランスをとっている神経が、伝わらなくなって、身体のコントロールが、効かなくなったような感じになります。
意識も薄れてくると、「脳に、異常が起きたのでは…?」と、不安にかられてしまいます。


この時、「首すじに緊張や疲れ」や、「頭が圧迫されている感じ」などもある場合、『頸性(けいせい)めまい』の可能性があります。
『頸性めまい』とは、“首の筋肉”が、疲労や緊張などで負荷が大きくなり、位置情報の機能に障害を与えて、めまいを起こす症状を言います。
これは、“首の筋肉”が緊張すると、脳に送られる血液の量が一時的に不安定になって、貧血に近い状態となるからです。


この為、症状が軽い場合でも、立っていると、雲の上を歩いているように、身体がフワフワとした感じになります。
酷くなると、周りのものがクルクルと廻り、気が遠くなる感じになります。
更に、不安定感が増して、吐き気、冷感、頭痛などを、伴う事もあります。


従来の、めまいの分類では、『脳からくるめまい』と『耳からくるめまい』の、2種類でした。
ところが最近、「パソコン業務の増大」、「細かな仕事の連続」、「身体に負荷の多い姿勢が続く」などで、首に負担のかかる習慣が引き金となった、めまいが多くなってきました
この為、めまいの原因を診断する為に、運動不足、仕事での姿勢、ストレスによる緊張、目や歯の状態、などの項目を加え、首こりによるめまい(『頸性めまい』)も、診断するようになってきました。



【 疲労、不安、過緊張、などがあると 】

実際、このタイプのめまいを感じた患者さんのうち、約80~90%は、首凝りや首周りの緊張から、症状が始まっています
めまいが起きる前に、例えば、「肩から首が張って、気になっていた」とか、「後頭部が締め付けられる!」と、感じています。
パソコンによる業務量の増加や、スマートフォン利用時間の増加などで、肩こり症状が多くなり、それに伴って『頸性めまい』が増えています。


また、仕事や家庭での精神的なストレスから、『頸性めまい』を起こす事もあります。
耳の中に、精神的なストレスによる、血流やリンパの流れの乱れから、身体のバランスを取る仕組み(三半規管)が、その働きをダウンさせてしまうからです。
実際、過度に忙しい状態が続くと、『目が回るほど忙しい』という言葉があるように、精神的なストレスから、本当に目が廻ってしまう事があります。


しかも、頸性めまいは、首の緊張と関連しているので、過去に、むち打ちや、首を痛めた事があると、繰り返し易くなります。
緊張を感じると、脳に血液を送る血管に血行障害が起き易い事と、ノドの左右にある胸鎖乳突筋が、自律神経と深く関係している為です。
ストレスや疲労などで、緊張が高まると、この筋肉がこわばり、喉の詰まり感や、締め付け感、呼吸が浅くなる、などが起き、これらの不快感から、『頸性めまい』を起こし易くなります。


中でも、特徴的な事は、首の左側に、凝りや違和感を生じている時に、『頸性めまい』を起こす事が多くなっています。
これは、首の左側のリンパ管の流れが、構造上、悪くなり易い事が影響していると考えられています。
このような時に、何気なく頭の向きを変えたり、立ち上がろうとしたり、前を見ようとした時に、急に頭がフラッとしたり、気が遠くなったり、倒れそうになったりします。



【 どうしたら? 】

治療ポイントは、首の緊張緩和ですが、首の周囲だけでなく、首に続く、後頭部や背中の筋肉なども合わせて、緊張や疲労を解消する事が大切です
また、身体に冷えや血行不良があったり、あるいは、精神的なストレスがあったりすると、それが首の緊張につながるので、体調のチェックも必要です。
更に、それらの筋肉の深部に、硬結(しこり)がある場合には、その解消も必要です。


しかし、後頭部や背中の筋肉は、ストレッチがしづらい部位です。
「やっているんだけど、いまいち、効いている感じがしない」とか、「背中じゃない場所が、疲れてしまう」と、なってしまいます。
特に、肩こりがひどかったり、身体が硬かったりする人にとって、難しいかもしれません。


このような場合の治療は、東洋医療に基づいたマッサージ治療が、適しています。
首から肩にかけて、患部を触診しながら、直接働きかけるので、筋肉の柔軟性回復と血行促進が図れます。
しかも、耳の血流を良くする効果がある、ツボ刺激も併用するので、即効性があり、効果的です。


首は、脳の働きに、直接関係する血管や神経が走行しているので、治療には、知識と経験が必要です。
当院は、国家資格者により、筋肉の緊張を和らげ、硬結の解消、血行の改善などにより、めまい治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールの送信]、または[電話]で、お受けしています。



( 市川市  ファミリー治療院 )                                            ( 関連疾患 )

« 緊張型頭痛と、東洋医療 | トップページ | 慢性的な 凝り(こり)や 痛み と、トリガーポイント »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ