« ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型) | トップページ | ふくらはぎ(脚)のむくみと、腰痛・高血圧 »

2019年1月30日 (水)

高齢者の、加齢による、冷え

~ 本八幡市川市から、冷え・こり・痛み・しびれ への、『  マッサージ治療  』の御案内です。 ~

 

2

 

高齢になると、身体の内側や内部に入り込んだ冷えを感じて、着込んでも、寒さに敏感だったり、身体の一部に冷えを強く感じて、温めても解消されなかったり、する事があります。
この結果、「手足が冷える」、「腰やお腹が冷える」、「寒気を感じる」など、身体の冷えで悩まされます。
ところが家族は、寒さを、それ程感じないので、一人で冷えに悩まされる事になり、理解されない寒さに、余計、悩まされる事になります。



【 冷えによる、身体への影響 】

しかも、冷えによって、身体に様々な不調を起こします。
例えば、身体の症状として、「下痢をし易い」、「腰痛に悩まされる」、「肩がこる」、「しもやけができ易い」、「脚にしびれを感じる」など、いろいろな症状を引き起こします。
また、精神的にも、病気まで至らなくても、「身体がダルイ」、「疲れ易い」、「意欲が出ない」、「眠れない」、などの原因になります。


特に、『血液循環悪化タイプによる冷え』は、高血圧を引き起こす原因になるので、高齢者にとって注意が必要です。
血液循環が悪化すると、老廃物の濃度が高まって、いわゆる“血液ドロドロ状態”が起きるからです。
特に、全身の血管の99%を占めている毛細血管は、太さが髪の毛の1/14程しかないので、“血液ドロドロ状態”になると、余計に血圧を高めてしまいます。


更に、血液の流れが悪くなると、関節に痛みが起き易くなります。
関節周りの筋肉や関節軟骨に.栄養や酸素が不足し、関節の安定性の低下、クッション機能の低下、軟骨のはがれ、などが起きるからです。
特に、体重が大きくかかる、膝や腰などの関節に、痛みが起き易くなります。



【 冷えが起きる、2大原因 】

冷えが起きる大きな原因として、身体の内部で、“熱をうまく作れなくなる”事が、あります。
特に、年をとると、細胞の生まれ変わりのサイクルが遅くなるので、発熱するエネルギーが低下して、冷えが起き易くなります。
中でも筋肉は、体温の約6割を発熱しているので、高齢によって、筋肉の新陳代謝が低下(生まれ変わりが停滞)すると、身体の発熱量が、かなり少なくなってしまいます。


もう一つの、大きな原因として、“熱をうまく運べなくなる”事です。
これは、血管の柔軟性が低下してくると、血液を送り出す力も弱まるので、せっかく熱を作れても、身体の隅々に、温かい血液が届きづらくなる為です。
しかも、高齢になって血行が悪化すると、手足など、末端の血液温度の低い静脈血が流れづらくなるので、冷えがいつまでも続くようになります。


このように、冷えの原因が、血液循環の悪化によるものを、『血液循環悪化タイプの冷え』と言います。
『人は血管とともに老いる』と言われるように、年をとると、どうしても、筋肉の活力が失われてくるので、このタイプの冷えが起き易くなります。
更に、高齢になって、運動量の不足や、体力が弱ってくると、余計に、筋肉の柔軟性やしなやかさを失い、血行を低下させるので、冷えが起き易くなります。



【 ゴースト血管に 】

更に、高齢になると、『ゴースト血管』も問題も出てきます。
血流の悪化から、毛細血管が干上がってしまい、血管が幽霊のように消えて、『ゴースト血管』を引き起こしてしまうからです。
この事によって、温かい血液が届かなくなり、益々、冷えがツラクなります。


その他にも、『ゴースト血管』によって、全身に約60兆個ある細胞の、新陳代謝が遅れたり、臓器の働きが低下したり、神経の働きを障害したりします。
これにより、むくみ、疲れ、肩こり、頭痛、冷え症、眼精疲労、関節痛、もの忘れ、などを引き起こします。
まさに『冷えは万病のもと』と、なってしまいます。


そして、見た目にも、老けが目立つようになります。
栄養分や酸素を運ぶ血液が行き渡らないので、うるおい不足となり、シワやたるみ、シミができ易くなったり、 くすみを悪化させたりするからです。
更に、老廃物がうまく流れないので、肌の血色が悪くなり、枯れた印象となります。



【 高齢者の、冷え対策に 】

冷えに悩まされると、暖房や衣服など、外側から身体を温める事に気をとられがちです。
しかし、熱を作る筋肉の働きや、熱を運ぶ血行を改善させないと、身体の冷えが続き、ますます体調を悪化させます
この結果、いつまでも、「足先が冷えてなかなか寝つけない」、「疲れ易く、風邪を引き易い」、「胃痛のほか、下痢と便秘を繰り返す」、などに悩まされます。


この為、対策として、“筋肉の働きを回復”させ、“血液を送る筋肉のポンプ作用を活性化”させる事が大切です。
身体の状態を確認して、不調を起こしている、それぞれの原因に働きかけて、症状を改善していくのが近道です。
特に『血液循環悪化タイプの冷え』の場合、筋や腱などが、柔軟性を失って、硬くなっている事が原因なので、その箇所を確かめ、回復させる事が必要です。


このような対策に、東洋医療系のマッサージ治療が、効果的で、即効性があります。
筋や腱などが硬くなっている箇所を確認し、その箇所や周辺の有効なツボを刺激しながら、血行促進や体調を改善させるからです。
不快感が解消される効果もあるので、心身のリフレッシュ作用にもなります。


高齢になっても、質のいい血液が全身に巡っていれば、身体がポカポカと温まり、免疫力が高くなって、新陳代謝も高まり、身体を健康にしてくれます。
当院は、高齢者向けに、市川市の施術助成券を取り扱い、血行促進や体調改善で、冷えの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )
 

« ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型) | トップページ | ふくらはぎ(脚)のむくみと、腰痛・高血圧 »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ