« 高齢者の、加齢による、冷え | トップページ | クイックマッサージは、診断力と技術力のある治療院で »

ふくらはぎ(脚)のむくみと、腰痛・高血圧

~ 本八幡市川市から、むくみ・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。 ~


1_3

ふくらはぎは、人間特有の器官で、犬や猫などの四つ足動物にはありません。

身体を支える働きをするだけでなく、立っていたり、座っていたりすると、重力の影響で、全体の7割ぐらいの血液が、下半身に集まってしまうので、血液を心臓に押し戻す為に、後からできあがった器官です。

もし、この働きが無かったら、身体の循環が困難になり、栄養や酸素が届けられず、老廃物も排出されず、新陳代謝や免疫力が無くなって、歩行障害だけでなく、脳に機能異常を起こし、死に至ってしまいます。



【 むくみが悪化する場合 】

ふくらはぎは、人間が活動すら為に重要な働きをしていますが、筋力で行っているので、筋力が弱ると、血液中の水分が停滞し、むくみが起きます。
多くは一時的ですが、過労が続いたり、生活状態が影響したりすると、解消しづらくなる事があります
例えば、立ち仕事やデスクワークなどを長時間続けている場合や、オフィスのエアコンなどの冷え、睡眠不足、運動不足、塩分摂り過ぎ、水分不足なども、脚の血行を悪化させるので、むくみを進行させます。


また、加齢も影響します。
古くから、養生訓で『老化は脚から』と言われるように、年をとってくると、下半身から先に、筋肉量が減り、筋力が低下してくるからです。
この結果、脚の血液を循環させるポンプがうまく働かなくなって、血液中の水分が停滞してしまいます。


このように、むくみが悪化するのは、脚の余分な水分を元に戻す為に、脚の筋肉が幾ら頑張っても、対応力が低下した為です。
また、脚のむくみは、血行不良と深く関係しているので、細胞に栄養が行き渡らず、老廃物が排出されづらくなるので、「脚が疲れる」、「ダルイ」、「重い」、「冷え」、「痛み」、などの不快感が強まり、日常生活に支障をおこします。
そして、静脈の逆流防止弁の働きが弱まると、脚の表面に青い血管が浮き出たり、血管がボコボコと腫れたりします。



【 腰痛、全身疲労、高血圧に 】

脚のむくみによって、腰にも、違和感や痛みなどを引き起こします。
ふくらはぎと腰は、位置は離れていても、日常生活の動作や姿勢を保つ為に、互いに影響し合っているからです。
ふくらはぎの筋肉は、常に、身体が倒れないように姿勢の維持や、歩く時の動力になっているので、ふくらはぎが疲労してしまうと、腰にも、絶えず負荷がかかり続けてしまいます。


そして、脚や腰の疲労が続くと、今度は、その疲労が、全身に及びます
身体全体の7割もの血液が、下半身に集まっているので、下半身の疲労から、血行悪くなると、全身の循環にも影響して、全身の筋肉の働きも弱めて、疲れ易くなる為です。
昔の人は、経験的に、この事が分かっていたので、『足湯』で脚の血行を促進させ、下半身の血液を心臓へ送り返し、身体の疲労を解消させる工夫をしていました。


また、ふくらはぎの筋肉が弱ると、血圧が高くなると言われます。
これは、下半身から心臓への、血液の戻りが悪くなるので、心臓が絶えず“より強い力”で、血液を送り出す事が必要になる為です。
特に、ふくらはぎの筋肉が十分に働かなくなっている時に、ストレスが加わるような事があると、余計に、血圧が高くなり易くなります。



【 鍛え(使い)続けないと 】

ふくらはぎの筋肉は、引力や重力に負けずに、直立した時に身体を支える、代表的な『抗重力筋 (姿勢保持筋)』です。
しかし、この『抗重力筋』は、絶えず、鍛え(使い)続けないと、働きが低下し、衰えてしまう欠点があります
高齢者によく見られるように、次のような症状が現れます。


脚のムクミやダルサが取れない
少し歩くだけでも疲れる
つまずき易い
  椅子から立ち上がる時や座る時に、思わず手を前の物に置いてしまう
足先が冷える
ひざが痛む



【 ツボ刺激 】

この為、「ふくらはぎが硬い」、「内部にシコリがある」、「押すと痛い場所がある」、「指で押すと、後が消えにくい」、などがある場合には、注意が必要です。
脚の筋肉が正常に働かなくなって、血行やリンパ液の流れが、悪化している兆候です。
このような、筋肉の働きや血行に関する症状の解消には、ツボ刺激を併用する、東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。


これは、脚にはたくさんの、脚の神経の働きを回復させ、血行を促進し、筋肉の疲労物質を排出させる、ツボがあるからです
ツボ刺激を利用すると、脚の筋肉の働きが回復し、循環が改善すると、疲労感や違和感が減少するので、不快に感じていたダルサや疲れの解消にもなります。
全国を旅した俳人の『松尾芭蕉』も、脚のツボ(足三里が代表)を利用しながら、歩いたと言われます。


更に、ふくらはぎのマッサージによって、体調不調の改善だけでなく、血液の流れが良くなることで、美容・健康にさまざまな効果が得られます。
これは、筋肉が、マッサージの「揉み」や、「圧迫」などの刺激を受けると、一種の緊張状態を起こし、脚の“たるみ”が改善されます。
脚がスッキリと見えるようになるので、気になる外観上の問題を解消させる効果もあります。


ふくらはぎのダルサが気になったら、全身に影響が及ぶので、解消させておく事が必要です。
当院は、脚のむくみやダルサの解消などに、血流の改善や筋緊張を緩和し、冷えや腰痛の症状の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                              ( 関連疾患 )

« 高齢者の、加齢による、冷え | トップページ | クイックマッサージは、診断力と技術力のある治療院で »

フォト
無料ブログはココログ