« めまい・耳鳴り、が気になったら | トップページ | 寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない »

2019年3月16日 (土)

ストレッチ と マッサージ (身体が硬いのを、解消する為に)

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ への、『 マッサージ治療 』の御案内です。~

31

 

デスクワークが多くなると、1日の中で、座っている時間のほうが長くなるので、どうしても、身体が固まったようになります。

しかも、中高年になると、「身体が硬くなるのは、年のせいだからしかたない!」と、思いがちです。

でも、中高年になっても、身体のしなやかさを保っている人を見ると、「健康そう…!」と思いますし、若々しさも感じ、魅力的に感じます。



【 身体が硬い“メリット” 】

身体が硬くなって、「軽快に歩けなくなった」、「凝りや張りが気になる」、「背中が伸びづらい」などを感じると、身体の不調だけでなく、気分的にも「老けた感じ」もしてきます。
しかし、物事には、必ず二面性あります。
身体が硬くなっても、案外、隠れたメリット(利点)があるので、本人は意識していなくても、それが“有利”に働いていると、身体を無理に柔らかくする必要性が、感じられません


例えば、ジッと座った姿勢で、何かをし続ける仕事の場合、仕事をする姿勢に合わせて、身体が固まっていると、余計な筋力を必要とせず、自然と同じ姿勢を保てます。
このような身体の硬い人の独壇場として、長時間のデスクワーク、運転業務、ミシン掛け、伝統的な陶器作り、などがあります。
また他にも、自分で自分の身体が硬いと分かっていると、日常生活で、普段しないような動作をする時や、怪我をし易い態勢になりかかった時に、動作に注意深くなるので、怪我の予防になります。


しかも、身体が硬いと言っても、全身の筋肉が凝り固まっているわけではありません。
身体が硬いと思われる部分があっても、それ以外は、実は、十分な柔軟性があるので、日常生活に支障が無いのが普通です。
この為、ストレッチテストで身体が硬いと評価されても、仕事や生活に不便を感じなければ、「わざわざ時間をとって、運動する必要性は無いかな…」、となります。



【 身体が硬い“デメリット” 】

しかし、身体が硬くなると、血行の悪化が避けられないので、身体の不調が起き易くなります
身体が疲労し易くなる上に、回復力が遅くなるので、ありとあらゆるところに不具合が生じ、身体がダルク、重い感じが、強まるようになるからです。
そして更に、身体の不快感から、「眠れない」という睡眠障害や、「気分がすぐれない」とか「元気が出ない」などの気分落ち込み、イライラ、なども引き起こします。


しかも、年齢が上がるほど、生活上のデメリットが現れます。
年をとると、老化現象が加わるので、筋力が弱ったり、神経の働きが低下したりして、余計に、思うように身体を動かせなくなるからです。
更に、身体を支える膝・腰、背中などの関節にも、大きな負担がかるので、動き始めや、不意の動作、季節の変わり目などに、痛みが起きます。


健康的に過ごす為には、全身に、酸素や栄養が運ばれ、不要な老廃物を排出する事が必要です。
この為、全身に血液がしっかり流れるように、硬くなっている筋肉は、柔軟性を、ある程度回復させておく事が大切です。
このような対処法に、ストレッチがあります。



【 ストレッチで効果をあげるには 】

しかし、ストレッチをする前に、関節付近の、どの筋肉が硬くなっているのか、チェックして、確かめておく事が必要です。
更に、硬くなっている筋肉と関連する筋肉や、姿勢を維持する為に働き続けている筋肉も、ストレッチに加える事も必要です。
関節の可動域が狭くなっている事が分かっていても、これらの筋肉を意識してやらないと、効果が現れないからです。


この為、効果を発揮するには、大まかでも、ストレッチを必要とする筋肉の位置と、特徴を、理解しておく事が必要です
また、ストレッチをする時に、動かす方向や力加減によって、対象となる筋肉が変わってしまうので、コーチからの指導も必要です。
できれば、ストレッチを行う前に、身体をほぐしたり、お風呂で温まったりして、筋肉を十分に伸ばせるようにして、繰り返すと効果的です。


特に、ガンバリ過ぎない事も、大切です。
ストレッチのつもりが、“筋トレ”になってしまい、筋肉の緊張を強めてしまうからです。
その時は、一時的に血行が促進されるので、気分もハイになりますが、終わって、しばらくすると、かえって、不快感が増したり、痛みが増したりしてしまいます。



【 身体の状態に合わせた回復方法 】

マッサージ治療は、『硬くなっている筋肉の柔軟性を高める』、『関節の可動域を広げる』だけでなく、 本人が気付きにくい患部も確認して、直接アプローチします。
また、東洋医療系の場合、ツボや圧痛点も利用します。
この為、疲労や緊張で筋肉が硬くなってしまい、ストレッチをしても、伸ばしづらくなっている場合にも、適しています


特に、身体の硬さだけでなく、筋肉が異常に硬くなって、内部にシコリができている場合は、ストレッチでは解消が難しくなります。
筋肉の一部が、異常に収縮しているので、血管を圧迫して、血行を悪化させ、筋肉の強い張りや、痛み、違和感などが起きているからです。
このような場合に、ツボや圧痛点を確認して、刺激を加える事によって、ピンポイントに、筋肉の働きを回復させ、血液循環の促進が行えます。


また、マッサージ治療は、「仕事や運動の、疲れを解消したい」とか、「リラックスした気分になりたい」などに、効果的で、即効性があります。
身体の硬結(コリ)や筋の癒着(固い部分)を、取り除くので、コンディション調整だけでなく、体調の管理にもなる為です。
筋肉の柔軟性の回復だけでなく、身体の調整も行うので、心身の不快感も解消させる手段になります。


効果的に身体のケアを行うには、その目的や、得られる効果に応じて、使い分けが重要です。
当院は、マッサージ治療で、硬くなった筋肉の解消、関節可動域の回復によって、疲労、疼痛、不快感などの、解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。




( 市川市  ファミリー治療院 )                                             ( 関連疾患 )

« めまい・耳鳴り、が気になったら | トップページ | 寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない »

フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ